ヴィルタール 日本論

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1879年にアシェット書店 (Librairie Hachette et Cie) から刊行されたヴィルタールの“Le Japon (日本)”の表紙。

フランス語による日本関連の著作


フランスの著述家 エドモン・ヴィルタール(Edmond Villetard:1828-1889)によって著され、1879年(明治12年)に当時のアシェット書店(Librairie Hachette et Cie)から刊行された “Le Japon (日本)” のフランス語・日本語対訳。

 著作者紹介:シャルル・エドモン・ヴィルタール・ド・プリュニエール(Charles Edmond Villetard de Prunières:1828-1889)、通称エドモン・ヴィルタールは、1828年にフランスの名門ヴィルタール家に生まれ、第二共和政時代の1849年にエコール・ノルマル・シュペリウール(高等師範学校)に入学して、第二帝政治下の1856年にはフランス西部のラ・ロシェルで教授となった。その後、彼はジャーナリズムの世界に身を投じて、帝政が倒れた後の第三共和制の下では内務省の報道局長および官報の編集主幹を務めた。

 本書 “Le Japon (日本)”(1879年)のほか、1872年にはディベート新聞「ジュルナル・デ・デバ(Journal des débats)」の記者として “Histoire de l’Internationaleインターナショナルの歴史)” を著している。没後120年以上を過ぎているので、彼の全著作はパブリックドメインとなっている。


各章対訳[編集]

付録1[編集]

Commons
ウィキメディア・コモンズに、ヴィルタールの『日本論』に関連するマルチメディアがあります。
Commons
ウィキメディア・コモンズに、ヴィルタールの『日本論』の画像カテゴリに関連するマルチメディアがあります。

原文出典[編集]

Wikisource
ウィキソースヴィルタールの『日本論』があります。
進捗状況の凡例

00%.svg 数行の文章か目次があります。
25%.svg:本文が少しあります。
50%.svg:本文が半分ほどあります。
75%.svg: 間もなく完成します。
100 percent.svg: 一応完成しています。
  • ウィキメディア・コモンズ
スキャンデータ
ファイル名 種 類 ページ数
commons:File:Villetard - Le Japon, 1879.djvu DjVuデジャヴ ファイル 計196ページ


参考文献[編集]

関連図書[編集]

etc.

脚注[編集]

外部リンク[編集]

日佛辭典[編集]