万葉集

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア万葉集の記事があります。
Wikisource
ウィキソース万葉集目次一覧があります。

万葉集[編集]

概略[編集]

日本に現存する最古の和歌集。[1]

学校教育における万葉集の扱い[編集]

  1. 万葉集は、2010年の学習指導要領の改訂で、小学校でも教材として取り入れられ、[2]国語の教科書に掲載されるようになった。
  2. 従来から、高等学校の古典の授業、中学校の国語の授業では、教材として教育されている。また、大学入試試験でも、題材とされる場合がある。

参考(外部リンク)・典拠[編集]

外部参考サイト[編集]

参考図書・典拠[編集]

  • 万葉集(日本国民文学全集):河出書房刊行:1956年
  • 万葉集(岩波文庫):佐竹昭広・山田英雄(校注)・岩波書店:2013年1月
  • ジュニアのための万葉集 新学習指導要領「伝統的な言語文化」に対応(全4巻):文:根元浩・絵:鴨下潤・汐文館:2010年出版

注釈[編集]

  1. ^ 概要についてはWikipedia参照、内容概略と見本は、Wikisource参照
  2. ^ 福岡市教育センターWebページ小学校学習指導要領解説(国語編)PDF<
このページ「万葉集」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。