不動産登記規則第13条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール不動産登記法不動産登記令不動産登記規則

条文[編集]

(地図の記録事項)

第13条
  1. 地図には、次に掲げる事項を記録するものとする。
    一 地番区域の名称
    二 地図の番号(当該地図が複数の図郭にまたがって作成されている場合には、当該各図郭の番号)
    三 縮尺
    四 国土調査法施行令第二条第一項第一号に規定する平面直角座標系の番号又は記号
    五 図郭線及びその座標値
    六 各土地の区画及び地番
    七 基本三角点等の位置
    八 精度区分
    九 隣接図郭との関係
    十 作成年月日
  2. 電磁的記録に記録する地図にあっては、前項各号に掲げるもののほか、各筆界点の座標値を記録するものとする。

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
不動産登記規則第12条
(地図等の閉鎖)
不動産登記規則
第2章 登記記録等
第2節 地図等
次条:
不動産登記規則第14条
(建物所在図の記録事項)


このページ「不動産登記規則第13条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。