日本史/中世/鎌倉時代

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本史/中世/鎌倉時代では、鎌倉時代について解説する。

範囲[編集]

源頼朝が、鎌倉に初の幕府を置いてから、後醍醐天皇らに滅ぼされるまでの150年ほどを、幕府があった鎌倉から名を冠し、「鎌倉時代」と言う。

政治[編集]

概略[編集]

  • 1185年(1192年とも言われる)、源頼朝が鎌倉に幕府を置く。
  • 1221年、承久(じょうきゅう)の乱勃発。
    • 後鳥羽上皇が幕府を滅ぼそうと兵を鎌倉に向けた事件。
  • 1232年、御成敗式目(貞永式目)が定められる。

社会・経済[編集]

この節は書きかけです。この節を編集してくれる方を心からお待ちしています。

ご恩と奉公」で有名な主従関係は「いざ鎌倉」、すなわち有事の際に武士が駆けつけやすいよう、鎌倉から全国に街道が整備される要因である。

文化[編集]

この節は書きかけです。この節を編集してくれる方を心からお待ちしています。

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディア鎌倉時代の記事があります。
日本史
前の時代
794-1185
平安時代
古代
この時代
1185-1333
日本史/中世/鎌倉時代
中世
次の時代
1333-1336
南北朝時代
中世