中学校社会 歴史/文明の誕生

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

分業の発生[編集]

農業の発達に伴い、治水工事や灌漑工事などの土木工事も行なうようになった。また、仕事の分業が始まるようになった。 分業が発達すると、農業から離れた仕事をする人も出来てきて、そのような人たちが農地から離れた場所に住むようになり都市が出来ていった。

金属器の使用[編集]

石器の時代が過ぎ、やがて青銅器(せいどうき)や鉄器(てっき)などの金属器(きんぞくき)を作る技術が出来てきた。まず初めに、青銅をつくる技術が発明された。なお、青銅とは銅(どう)とスズ(漢字:「錫」 )との合金である。青銅にすることで、銅やスズの単体の状態よりも、硬く(かたく)なる。

(※ 「錫」(スズ)の漢字は覚えなくてイイ。中学の範囲外。)

つづいて、鉄器が紀元前1500年ごろに西アジアで発明され、農具に鉄器が用いられ、農耕の生産力が高まった。 鉄器の生産は、その後、周辺の地域にも広がっていく。

四大文明[編集]

アフリカやアジアの大河の川ぞいでは、ゆたかな水をもとに農耕や牧畜が発達し、そのため文明が発達できた。チグリス・ユーフラテス川、ナイル川、インダス川、黄河(こうが)の流域の各地域で文明が発達していった。この4地域での文明を四大文明(よんだいぶんめい)と言う。

それぞれの文明を、メソポタミア文明、エジプト文明、インダス文明、中国文明(ちゅうごくぶんめい)という。

これらの四大文明では文字が使われていた。

メソポタミアとエジプト[編集]

たとえばメソポタミアでは、つぎのように文明が発達した。

  • メソポタミア文明
世界遺産にも登録されたチョガ・ザンビール遺跡のジッグラト

今のイラクの近くにあるチグリス川ユーフラテス川ぞいのメソポタミアでは、紀元前3300年ごろには当時としては、かなり高度な文明が栄えていた。これをメソポタミア文明という。 紀元前6000年ごろにはすでに、人々がメソポタミアの地に住み、農業などをしていたとされる。しかし、農業文明よりも更に進んだ、高度な文明が特に発展したとされる時代が、この紀元前3300年ごろからである。

紀元前3300年ごろのメソポタミアでは、青銅器が使用され始めていた。また、月の満ち欠けをもとにした暦(こよみ)が作られ、使用されていた。これは日本では太陰暦(たいいんれき)と呼ばれる。 この時代までに、1週間の7曜日制や、時間や角度の六十進法、1年間を12か月とすること、などといった、物事の数え方や計り方が作られ、現代にもその影響は数多く残っている。また、そのような数を扱う技術の必要性にともなって、数学が非常によく発達していた。

メソポタミアでは、城壁で囲まれた都市が作られた。都市は、神殿を中心にしている。メソポタミアの宗教では、多くの神々がまつられた。


  • エジプト文明
エジプト文明。三角形に見える(実際は四角錐状)建物はピラミッドと言い、ピラミッドは王の墓であるとする説が有力である。手前にある人の顔をした像はスフィンクスと言う。 世界遺産になっている。

エジプトのナイル川の流域に発生したエジプト文明は、メソポタミア文明と同様に、当時としては高い技術を持つ、高度に発達した文明であった。たとえば日本において太陽暦(たいようれき)と呼ばれる、太陽の運行を基準にした暦(こよみ)を作り、使用していた。これは現在世界中で使われる現行の暦であるグレゴリオ暦に近いもので、エジプト文明では天文学が発達していたことを示している。

このような高度な暦は、エジプトの農業において特に重要であった。エジプト文明は、のちの時代のヨーロッパ人から「ナイルの賜物(たまもの)」と呼ばれたが、これは、ナイル川が毎年夏になると氾濫(はんらん)し、その洪水が運ぶ栄養によって、エジプトの農業が大きな恩恵を受けていたからである。この毎年の氾濫の時期を、正確な暦で予測することにより、氾濫の危険を回避しながら、豊かな恵みの恩恵を受けることが可能になったのである。また、氾濫後には土地を区画整理し直す必要があったため、測量術も発達していった。

エジプトの農業では、ムギなど栽培をしていた。パピルスという草から紙が作られた。この「パピルス」が紙の英語のpaper(ペーパー)の語源である。ヒエログリフという象形文字が、紙に書かれたり、石にきざまれた。

エジプト文明では、ピラミッドと呼ばれる、多くは四角錐状の巨大な建造物が数多く作られた。これらは王の墓であったとする説が有力だが、必ずしも墓を主たる目的として建造されたわけではないとする説もある。いずれにせよ、王には大きな権力があったと考えられており、ピラミッドの建造には多くの技術者や、人夫、奴隷などの労働者が関わっていたとされる。

エジプトとメソポタミアといった、このあたりの地域のことを、のちの時代の用語で「オリエント」という。「オリエント」には「太陽の登る土地」というような意味があり、つまり「東の方角」を意味する。これはヨーロッパ人の視点での用語である。

インダスと中国[編集]

  • インダス文明
モヘンジョ=ダロの遺跡(いせき)。 世界遺産になっている。

インド・パキスタンの近くのインダス川の流域ではインダス文明が紀元前2500〜紀元前2300年ごろに起きた。

下水道や浴場などの公共施設もそなえ、レンガ造りの建物のある、モヘンジョ=ダロという都市を作っている。


  • 中国文明(ちゅうごくぶんめい)

紀元前4000年ごろ〜紀元前3000年ごろから、中国(今でいう中華人民共和国の地域)の黄河(こうが、ホワンホー)や長江(ちょうこう、チャンチヤン)の流域で、農業が起こり、中国文明(ちゅうごく ぶんめい)が起きた。黄河の流域で、あわ・きび などを栽培していた。長江の流域で、稲を栽培していた。

これら中国の古代文明の、古い呼び方では、川の名前をとって、「黄河文明」(こうが ぶんめい)などという場合もあったが、その後の歴史研究で、長江など黄河以外の別の川の流域でも文明が古くから栄えていたことが分かり、現在では「中国文明」と、まとめて呼ぶことが多い。

農業や石器・土器などよりも以降の文明が発達しだした時代は、おそらく紀元前2000年よりも後の時代であると考えられている。紀元前1500年ごろに、黄河の流域に「殷」(いん)という王朝の出来た時代から、とくに文明が発達しはじめた。この殷のころから、青銅器が中国でも作られ使われ始めた。

古代文明の、その後[編集]

  • メソポタミア文明
ハンムラビ法典が記録された石棒。ルーブル美術館の所蔵。

メソポタミア地方では紀元前18世紀ごろ、バビロニアという国の王であるハンムラビが、この地域を統一した。そして、ハンムラビ王は法律を整え、ハンムラビ法典(ハンムラビほうてん)を作った。

この法典では、復讐(ふくしゅう)の権利を認めており、「目には目を、歯には歯を」といわれる記述が、この法典にある。

この規定は、復讐の権利を認めると同時に、復讐が行き過ぎないように制限をかけている法律でもある。


交易や行政の都合などから、くさび形文字(くさびがた もじ)が発明されていた。ハンムラビ法典も、くさび形文字で書かれている。道路などの工事も進め、メソポタミアでは商業がさかえるようになり、周辺地域との交易もさかんになった。

くさび形文字は、しだいにアルファベットの原型に発達していく。


  • インダス文明

紀元前1500年に北方の中央アジアの異民族のアーリア人に侵入され、征服される。先住民は奴隷として支配される。

支配者たちは身分制度を作り、神官のバラモンと呼ばれる階級を頂点とする身分制度を作った。この身分制度が、のちにインドの伝統的な身分制度のカーストにつながる。

身分にはバラモン(神官)、クシャトリア(王族や武人)、バイシャ(農民や商人などの平民)、シュードラ(奴隷)の身分があった。

バラモンの権力は宗教だけでなく、政治などでも権力を持った。


  • 中国文明

※ 別ページで説明する。

リンク 中学校社会 歴史/中国文明