中学校社会 歴史/日露戦争

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ロシアの南下政策と日英同盟[編集]

1899年(明治32年)の義和団の事件のあとも、ロシアは兵力をひかず、ロシア軍は満州にいつづけました。そして、朝鮮半島や清に勢力をひろげようとする南下政策(なんか せいさく)をロシアは目指しました。

ロシアは、冬でも凍らない港が、軍事上の理由で必要なのです。このような冬でも凍らない港のことを、不凍港(ふとうこう)と言います。 なので、ロシアは、領土を南方に拡大したいので、ロシアは南下したいのです。

いっぽう、中国大陸に利権を持つイギリスにとっては、ロシアの南下政策が不都合です。 さらに当時のロシアは、ロシア国内で東西に長いシベリア鉄道(シベリアてつどう)を建設していました。もしシベリア鉄道が完成すると、軍隊の兵士や軍事物資も、すばやく送れるようになるので、イギリスにとっては、ロシアはとても危険な国でした。

そこでイギリスは、ロシアの南下政策に対抗するため、日本とイギリスとのあいだでの同盟を1902年に結びます。この日本とイギリスの同盟を、日英同盟(にちえい どうめい、英語: Anglo-Japanese Alliance アングロ-ジャパニーズ・アライアンス)と言います。


  • 日英同盟にいたるまでの経緯

遼東半島(リャオトンはんとう、りょうとうはんとう)にあった旅順(りょじゅん、リュイシュン)では、ロシアが軍艦の基地を増設していた。

義和団の乱の鎮圧の名目で、ロシアは満洲を占領した。義和団の乱の収束後も、ロシアは満州から撤兵しなかった。

(※ 「義和団の乱」については、中学校社会 歴史/日清戦争から日露戦争までのあいだ 。)

日本・イギリス・アメリカの3カ国がロシアに抗議(こうぎ)して、ロシアは兵を引くことを約束した。だが、じっさいにはロシアは兵をひかずに居続けた。それどころか、ロシアは占領軍の増強をした。

ロシアの強硬な方針に、イギリスは危機感を感じた。そしてイギリスは、日本と同盟をした。これが日英同盟である。

ロシアの勢力の拡大を恐れ、日本の政府は戦争を警戒していった。いっぽうのロシアの政府も、大国であるロシアとすれば小国にすぎない日本を恐れる必要はなく、なので日本との戦争もかまわないという強硬な姿勢をロシアは強めていった。

日露戦争[編集]

日本はロシアとの戦争をふせぐため、外交で解決しようとした。日本の案では、ロシアが満州を支配することを認めるかわりに、日本が朝鮮を支配することを認めさせるという案をロシアに提出した。(※ 教育出版および清水書院の検定教科書に、このことの記述あり。)

しかし、ロシアがこの案を拒否し、交渉はまとまらず決裂し、1904年に、ついに日本はロシアとの戦争の開戦にふみきった。

ロシアの満州領有に反対するイギリスとアメリカは、日本の戦費の調達に協力し、日本を経済的に支援した。(※ 中学の範囲。東京書籍の教科書に記述あり。)

このころ、日本銀行副総裁(ふくそうさい)の高橋是清(たかはし これきよ)が、外債(「がいさい」、外国からの借金のこと)の調達のため、イギリスやアメリカを訪問して、イギリスやアメリカの銀行家や資本家からの信用を得て、日本公債を発行し、戦費調達に成功した。(※ 中学の範囲。「つくる会」の教科書に記述あり。高校の日本史では「高橋是清」は確実にあつかう重要人物なので、せっかくだから中学でも覚えてしまおう。)

このように、日本は日露戦争のために多額の借金をした。


日露戦争の戦場になった場所は、朝鮮半島の周辺の海域と、満州の陸上および海域であった。

陸地での戦場では、旅順(りょじゅん、リュイシュン)や奉天(ほうてん、フォンティエン)での戦いで、日本は苦戦のすえ、ロシアに勝った。 旅順の攻略では乃木希典(のぎ まれすけ)が日本軍をひきいた。奉天の戦いでは大山巌(おおやま いわお)が日本軍をひきいた。

ロシア艦隊は対馬近海で連合艦隊と遭遇し、日本海南西部で撃破された。

日本海海戦では、海軍中将(ちゅうじょう)の東郷平八郎(とうごう へいはちろう)ひきいる連合艦隊が、ロシアのバルチック艦隊を全滅させた。

勝敗の結果だけを見ると日本の大勝のように見えるが、日本は大きく戦力を消耗しており、また、軍事費を使いきっていた。日本は、戦争の続行がむずかしかった。


いっぽうのロシアでも政府に反対する革命の動きがおきはじめ、ロシア政府は戦争をつづけることが、むずかしくなった。


そこで日本は状況が日本に有利なうちに講和をしようと考え、アメリカにロシアとの講和の仲立ちをしてもらって、講和条約である ポーツマス条約 (英語: Portsmouth Treaty) がむすばれ、日本とロシアは講話して戦争は終わった。

講和[編集]

小村寿太郎(こむら じゅたろう)

アメリカ大統領のセオドア=ローズベルト(Roosevelt)が講和の仲立ちになり、日本の代表は外相(がいしょう、意味:外交の大臣のこと)の小村寿太郎(こむら じゅたろう)であった。ロシアの代表はヴィッテ(Витте)である。

条約の結果、日本は朝鮮での優越権を認められた。
日本は、南満州の長春(ちょうしゅん、チャンチュン)以南の鉄道の利権を得た。
日本は、ロシアから樺太の北緯50度以南(ほぼ南半分)の領土を、日本へゆずらせた。
日本は、ロシアから、旅順および大連をふくむ遼東(リャオトン)半島の南端部の租借権(そしゃくけん)を、日本へ譲らせた。
日本は漁業権を獲得した。沿海州およびカムチャッカ半島の沿岸での漁業権を日本が獲得。

日本は講和を急いだため、賠償金(ばいしょうきん)をとらなかった。このことが国民の反発を呼び、東京の日比谷(ひびや)では焼き討ち事件が起きた。新聞社や警察の交番などが焼き討ちされた。( 日比谷焼き討ち事件(ひびや やきうち じけん) ) 国民からすれば、戦争で多くの負担をしたにもかかわらず、賠償金をとれないことを不満に感じたのであった。

戦後[編集]

満州には、満州経営のため、政府により半官半民の企業の南満州鉄道株式会社(みなみまんしゅうてつどう かぶしきがいしゃ) ( 略称: 満鉄(まんてつ) )が設立された。  また、満鉄の鉄道の警備などのため、満州に日本軍が置かれた。

なお、この満州鉄道を警備している日本軍は、のちの1919年に「関東軍」(かんとうぐん)と言い改められる。中国の山海関(さんかいかん)より東の位置を「関東」といい、その地域を守備していたので、関東軍(かんとうぐん)と言い改められる。

この戦争の交渉の結果、日本は満州に権益を得ることになった。のちの第二次世界対戦のときに日本軍が満州に滞在している理由は、おおまかな理由は、元をただせば、この日露戦争で得た権益を防衛するために派兵されたからである。

さて、1907年には 日露協約(にちろ きょうやく) で、日本とロシアとの、満州での勢力範囲が決められた。

この満州への日本による権益獲得では、アメリカが日露戦争では資金面などで日本に協力したにも関わらず、ほぼ日本が満州の権益を独占することになり、アメリカは満州に権益を獲得できなかった。アメリカなどは、満州の事業の門戸解放を日本に要求したが、日本は要求をこばんだ。こうしてアメリカの日本への不満が高まり、のちにアメリカと日本とが対立していく原因の一つともなったとも考えられる。

戦前の世論[編集]

非戦論[編集]

日露戦争の前、開戦を、多くの国民が支持した。だが、開戦に反対する意見もあった。 非戦論(ひせんろん)をとなえた人をあげれば、キリスト教徒の内村鑑三(うちむら かんぞう)や、社会主義者の幸徳秋水(こうとく しゅうすい)が有名である。


与謝野晶子(よさの あきこ)

また、歌人の与謝野晶子(よさの あきこ)は、戦場にいる弟を思いやる詩を書き、「君(きみ) 死(し)にたまふ(たもう)こと なかれ」という詩を書いた。

 君死にたまふことなかれ(抜粋)

あゝ をとうとよ 君を泣く
君 死にたもふこと なかれ
末(すえ)に 生まれし 君なれば
親の なさけは まさりしも
親は 刃(やいば)を にぎらせて
人を 殺せと をしえしや
人を 殺して 死ねよとて
二十四までを そだてしや
雑誌『明星』(みょうじょう)、明治37年(1904年)9月号『恋衣』(晶子第四歌集)所収。


与謝野晶子の詩は、当時の日本国民の多くから、反戦の気持ちを遠回しにうたった詩として、うけとめられた。

なお、現代では、与謝野晶子を反戦詩人としてあつかう説をとなえる学者や評論家がいるが、のちの第一次世界大戦や第二次世界大戦のころには、日本および戦争を支持する詩も書いていることもあり、はたして与謝野晶子が日露戦争に反戦であったかどうかについては、はっきりとした証拠がない。


  • 内村鑑三の戦争廃止論
内村鑑三の戦争廃止論
余(よ)は日露非開戦論者であるばかりでない、戦争絶対的廃止論者である。・・・(中略)・・・戦争の利益は強盗の利益である。・・・・・・近くはその実例を日清戦争において見ることができる。二億の富と一万の生命を消費して日本国がこの戦争より得し(えし)ものは何であるか。・・・その目的たりし朝鮮の独立は・・・弱められ、支那(「しな」=中国のこと)分割の端緒(たんしょ)は開かれ、日本国民の分担は非常に増加され、・・・東洋全体を危殆(きたい)の地位にまで持ちきったではないか。
(『万朝報』(よろずちょうほう)1903年6月30日、抜粋。)

現代語訳

私は日露戦争の非開戦論者であるばかりでなく、戦争の絶対廃止論者である。・・・(中略)・・・戦争の利益は強盗の利益である。・・・・・・近くはその実例を日清戦争において見ることができる。二億の富と一万の生命を消費して日本国がこの戦争より得たものは何であるか。・・・その目的だった朝鮮の独立は弱められ、中国の分割が始まり、日本国民の負担はとても増加し、・・・東洋全体が危険におちいったではないか。

(以上、現代語訳)


内村鑑三のこの反戦論は、当時の世論である主戦論に対抗したものである。

七博士の主戦論[編集]

当時の主戦論の例としては、東京帝国大学の七人の大学教授の主戦論が有名である。

この七博士の主戦論の口語訳を紹介しよう。(※ 原文は口調が難しいので、省略。)

  • 口語訳(要約)
七博士の主戦論
ロシアは朝鮮に問題を起こそうとしている。そうする理由は、満州はすでにロシアの勢力範囲にあると(ロシアが)見なしているからだ。
したがって極東のこの問題を保全するのは、満州を保全することにかかっており、これ(=戦争のこと)を決断しなければならない。
(『東京朝日新聞』1963年6月24日、抜粋および要約)

条約改正[編集]

  • 日清戦争の前後
陸奥宗光(むつ むねみつ)

日清戦争の直前の1894年に、イギリスとのあいだで、外務大臣の陸奥宗光(むつ むねみつ)の交渉により、治外法権をなくすことに成功。この治外法権の廃止(はいし)は、日本がイギリスと結んだ、 日英通商航海条約(にちえい つうしょう こうかい じょうやく) による。

(1870年代から条約改正のための交渉はしていたが、そのころは、欧米は理由をつけて、受け入れなかった。)

日清戦争で日本が勝利すると、ロシア・フランスなども治外法権をなくすことに同意したが、日本の関税(かんぜい)自主権(じしゅけん)は、みとめなかった。


  • 日露戦争の後
小村寿太郎(こむら じゅたろう)

日露戦争で日本が勝利したことにより日本の国際的な地位が高まると、各国は、関税自主権の改正にも応じるようになり、外務大臣の小村寿太郎(こむら じゅたろう)の各国との交渉により、1911年に日本の関税自主権は回復した。

日本の勝利がアジアへ希望をもたらす[編集]

この日露戦争での日本の勝利は、黄色人者(日本)が白人の国(ロシア)に勝利した戦争であるので、アジアやアフリカの欧米の植民地にされた地域の人々を勇気づけた。だが、その後の日本は、欧米と同じように植民地支配的な政策を朝鮮などで行っていったことにより、アジア・アフリカの欧米への不満と同様に日本も失望されていくことになる。とはいえ、日露戦争の終戦直後の時点では、アジア・アフリカの植民地支配をされていた民衆は、日本の勝利に喜ぶ者が多かった。


のちのインドの独立運動家ネルーは、獄中で書いた著書『父が子に語る世界史』の中で、ネルーの少年時代のころの日露戦争における大日本帝国の勝利が、アジア諸国に独立への希望を与えたことを書いており、ネルー少年自身も感激した。
しかし、その後、大日本帝国が欧米列強と同じく、近隣諸国を植民地支配下に置いたことを著書で記述している。日本による侵略の悲惨を最初に味あわされたのは朝鮮であったというふうに記述している。

とはいえ、先ほども述べたように、日露戦争の終戦直後の時点では、日本の勝利に希望をいだくアジアの民衆が多かったのである。

なので、日露戦争のあと、アジアでは独立を目指す政治運動がさかんになる。もっとも、アジア植民地のヨーロッパ諸国からの独立の時期そのものは、ほとんどは第二次世界大戦後の時代になる。


※ 範囲外: イギリスは「光栄ある孤立」だったのか?[編集]

日英同盟までの、ギリスは中立路線・非同盟政策をつらぬいていて、『光栄ある孤立』(:Splendid Isolation)と自賛していた。そして日英同盟の成立により、イギリスの『孤立』は終了した。

しばしば現代日本の歴史評論などで、このことが日英同盟の重要性を説明するのに使われる。あたかも、日本が、イギリスの伝統的な中立政策を終了させるほどの大国かのように、評論される場合がある。

しかし、じつはイギリスが『光栄ある孤立』と初めて言ったのは1896年で、日英同盟が1902成立なので、たったの6年間であり、実は意図的な『孤立』期間はあまり長くないのが真相である。

真相は、イギリスと対立していたドイツによって、イギリスが外交的に孤立する状況に追い詰められてた背景がある。

アフリカ大陸の植民地利権をめぐり、ドイツとイギリスは対立していた。

このころイギリスは、オランダ系のアフリカ植民地国家と戦争をしていた(ボーア戦争など)。そして、ドイツはオランダを支援していたのであった。また、ドイツ自体も、周辺国とさまざまな同盟を結んでいた(いわゆる『ビスマルク政策』。詳しくは高校で習う)。 そのため、イギリスは外交的な孤立に追い込まれた。

そのボーア戦争のさい、イギリス領カナダがイギリスを支持表明する目的で『光栄ある孤立』(:Splendid Isolation)と評したのが、この言葉の由来である。


どうやらイギリスは、あまり意識して非同盟政策をしていたようではないようだ。