中学校音楽

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中学校で習う音楽は、おもに合唱、リコーダーなどの比較的使用が簡単な楽器の演奏などがある。特に文化祭等で合唱発表があるときには、本番の何週間か前には(可能であれば他教科から授業交換などがされて、)集中特訓がなされる。

代替ページ[編集]

記事が完成するまで、記事 『楽典とは』 で代用してください。

歌唱[編集]

歌唱の演奏形態は以下のようなものがある。

  • 混声合唱(合唱)

  混声合唱は、バス、バリトン、テノール、アルト、メゾソプラノ、ソプラノの6つの内からいくつかを組み合わせて違った旋律を歌う、中学生の合唱形態で最も多い形態。

  おもに男声(バス、バリトン、テノール)、女声(アルト、メゾソプラノ、ソプラノ)、を組み合わせて歌う。

  • 斉唱

  斉唱とは、合唱とはちがい、複数で、同じ旋律を歌う。国歌や校歌でよく歌われる。

  • 重唱

  重唱とは、多くの声部からなる歌曲を、各声部それぞれ1人が受け持ち歌うこと。

  鍵盤(けんばん)楽器やオーケストラなどの伴奏がつくことが多い。うぬん。

  • 独唱

  ソロとも言われ、一人で歌うことを指す。

楽器演奏[編集]

  • アルトリコーダー等の演奏

オーケストラ[編集]

弦楽器[編集]

ヴァイオリン(バイオリン)、ヴィオラ(ビオラ)、チェロ、コントラバスの4種。

コントラバスば別名ダブルベースとも言う。

ポルタメントという弦楽器特有の特別な演奏法がある。

木管楽器[編集]

フルート、ピッコロ、オーボエ、イングリッシュホルン、クラリネット、ファゴットの6種。

イングリッシュホルンは別名コールアングレ、ファゴットは別名バスーンとも言う。

フルート、ピッコロ以外の楽器でリードを使用する。ただし、オーボエ、イングリッシュホルン(コールアングレ)ファゴット(バスーン)はダブルリード(ダブル・リードとも)を使用する。

リードは湿らせた状態で使用する。

発展学習[編集]

金管部・吹奏楽部[編集]

合唱部[編集]

音楽クラブ[編集]

国歌[編集]

中学校音楽/君が代

このページ「中学校音楽」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。