人事訴訟法第42条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール人事訴訟法

条文[編集]

(認知の訴えの当事者等)

第42条
  1. 認知の訴えにおいては、父又は母を被告とし、その者が死亡した後は、検察官を被告とする。
  2. 第二十六条第二項の規定は、前項の規定により父又は母を当該訴えの被告とする場合においてその者が死亡したときについて準用する。
  3. 子が認知の訴えを提起した後に死亡した場合には、その直系卑属又はその法定代理人は、民法第七百八十七条ただし書に定める期間が経過した後、子の死亡の日から六月以内に訴訟手続を受け継ぐことができる。この場合においては、民事訴訟法第百二十四条第一項後段の規定は、適用しない。

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
人事訴訟法第41条
(嫡出子の否認の訴えの当事者等)
人事訴訟法
第3章 実親子関係訴訟の特例
次条:
人事訴訟法第43条
(父を定めることを目的とする訴えの当事者等)


このページ「人事訴訟法第42条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。