仮登記担保契約に関する法律第3条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コンメンタール仮登記担保契約に関する法律)(

条文[編集]

(清算金)

第3条  
  1. 債権者は、清算期間が経過した時の土地等の価額がその時の債権等の額を超えるときは、その超える額に相当する金銭(以下「清算金」という。)を債務者等に支払わなければならない。
  2. 民法 (明治二十九年法律第八十九号)第533条 の規定は、清算金の支払の債務と土地等の所有権移転の登記及び引渡しの債務の履行について準用する。
  3. 前2項の規定に反する特約で債務者等に不利なものは、無効とする。ただし、清算期間が経過した後にされたものは、この限りでない。

解説[編集]

  • 民法第533条|民法 (明治二十九年法律第八十九号)第533条(同時履行の抗弁)

参照条文[編集]

このページ「仮登記担保契約に関する法律第3条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。