会社法第507条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法コンメンタール会社法第2編 株式会社 (コンメンタール会社法)第2編第9章 清算 (コンメンタール会社法)

条文[編集]

(清算事務の終了等)

第507条
  1. 清算株式会社は、清算事務が終了したときは、遅滞なく、法務省令で定めるところにより、決算報告を作成しなければならない。
  2. 清算人会設置会社においては、決算報告は、清算人会の承認を受けなければならない。
  3. 清算人は、決算報告(前項の規定の適用がある場合にあっては、同項の承認を受けたもの)を株主総会に提出し、又は提供し、その承認を受けなければならない。
  4. 前項の承認があったときは、任務を怠ったことによる清算人の損害賠償の責任は、免除されたものとみなす。ただし、清算人の職務の執行に関し不正の行為があったときは、この限りでない。

解説[編集]

関連条文[編集]


前条:
会社法第506条
(基準株式数を定めた場合の処理)
会社法
第2編 株式会社
第9章 清算
第1節 総則
次条:
会社法第508条
(帳簿資料の保存)
このページ「会社法第507条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。