会社法第860条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法コンメンタール会社法第7編 雑則 (コンメンタール会社法)

条文[編集]

w:持分会社の業務を執行する社員の業務執行権又は代表権の消滅の訴え)

第860条
持分会社の業務を執行する社員(以下この条及び次条第二号において「対象業務執行社員」という。)について次に掲げる事由があるときは、当該持分会社は、対象業務執行社員以外の社員の過半数の決議に基づき、訴えをもって対象業務執行社員の業務を執行する権利又は代表権の消滅を請求することができる。
前条各号に掲げる事由があるとき。
二 持分会社の業務を執行し、又は持分会社を代表することに著しく不適任なとき。

解説[編集]

関連条文[編集]


前条:
会社法第859条
(持分会社の社員の除名の訴え)
会社法
第7編 雑則
第2章 訴訟
第5節 持分会社の社員の除名の訴え等
次条:
会社法第861条
(被告)
このページ「会社法第860条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。