会社法第864条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法コンメンタール会社法第7編 雑則 (コンメンタール会社法)

条文[編集]

(被告)

第864条
前条第1項の訴えについては、同項各号に掲げる行為の相手方又は転得者を被告とする。

解説[編集]

関連条文[編集]

判例[編集]


前条:
会社法第863条
(清算持分会社の財産処分の取消しの訴え)
会社法
第7編 雑則

第2章 訴訟

第6節 清算持分会社の財産処分の取消しの訴え
次条:
会社法第865条
(社債発行会社の弁済等の取消しの訴え)


このページ「会社法第864条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。