会社計算規則第5条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法会社法会社計算規則 (コンメンタール会社法)

条文[編集]

w:資産の評価)

第5条
  1. 資産については、この省令又は法以外の法令に別段の定めがある場合を除き、会計帳簿にその取得価額を付さなければならない。
  2. 償却すべき資産については、事業年度の末日(事業年度の末日以外の日において評価すべき場合にあっては、その日。以下この編において同じ。)において、相当の償却をしなければならない。
  3. 次の各号に掲げる資産については、事業年度の末日において当該各号に定める価格を付すべき場合には、当該各号に定める価格を付さなければならない。
    一 事業年度の末日における時価がその時の取得原価より著しく低い資産(当該資産の時価がその時の取得原価まで回復すると認められるものを除く。) 事業年度の末日における時価
    二 事業年度の末日において予測することができない減損が生じた資産又は減損損失を認識すべき資産 その時の取得原価から相当の減額をした額
  4. 取立不能のおそれのある債権については、事業年度の末日においてその時に取り立てることができないと見込まれる額を控除しなければならない。
  5. 債権については、その取得価額が債権金額と異なる場合その他相当の理由がある場合には、適正な価格を付すことができる。
  6. 次に掲げる資産については、事業年度の末日においてその時の時価又は適正な価格を付すことができる。
    一 事業年度の末日における時価がその時の取得原価より低い資産
    二 市場価格のある資産(子会社及び関連会社の株式並びに満期保有目的の債券を除く。)
    三 前二号に掲げる資産のほか、事業年度の末日においてその時の時価又は適正な価格を付すことが適当な資産

解説[編集]

関連条文[編集]


前条:
会社計算規則第4条
(会計帳簿)
会社計算規則
第2編 会計帳簿
第2章 資産及び負債
第1節 資産及び負債の評価
次条:
会社計算規則第6条
(負債の評価)
このページ「会社計算規則第5条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。