健康保険法第172条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学コンメンタール健康保険法コンメンタール健康保険法施行令コンメンタール健康保険法施行規則 健康保険法第172条)(

条文[編集]

(保険料の繰上徴収)

第172条  
  1. 保険料は、次に掲げる場合においては、納期前であっても、すべて徴収することができる。
    一  納付義務者が、次のいずれかに該当する場合
    イ 国税、地方税その他の公課の滞納によって、滞納処分を受けるとき。
    ロ 強制執行を受けるとき。
    ハ 破産手続開始の決定を受けたとき。
    ニ 企業担保権の実行手続の開始があったとき。
    ホ 競売の開始があったとき。
    二  法人である納付義務者が、解散をした場合
    三  被保険者の使用される事業所が、廃止された場合

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]

このページ「健康保険法第172条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークへどうぞ。