健康保険法第200条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コンメンタールコンメンタール健康保険法)(

条文[編集]

(共済組合に関する特例)

第200条  
  1. 国に使用される被保険者、地方公共団体の事務所に使用される被保険者又は法人に使用される被保険者であって共済組合の組合員であるものに対しては、この法律による保険給付は、行わない。
  2. 共済組合の給付の種類及び程度は、この法律の給付の種類及び程度以上であることを要する。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]

このページ「健康保険法第200条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。