全経簿記能力検定

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア全経簿記能力検定の記事があります。

全経簿記能力検定(ぜんけいぼきのうりょくけんてい)に関するコンテンツです。

概要[編集]

全経簿記能力検定は、公益社団法人全国経理教育協会が実施する、簿記に関する検定試験です。正式名称は「全国経理教育協会主催 簿記能力検定試験」です。文部科学省が後援しています。

試験実施団体の名称から、主に経理関係の専門学校の学生が受験するというイメージがありますが、他の簿記に関する検定試験と同様に受験資格は必要無いため、大学生や社会人、高校生以下の学生でも受験できます。

1956年(昭和31年)10月14日に第1回試験が実施され、以降、2013年(平成25年)度まで年3回施行し、2014年(平成26年)度から年4回の施行に変更されました(ただし上級は年2回のみの施行です)。

日本国内で実施されている簿記、会計に関する検定試験としては、日本商工会議所が実施している日商簿記検定と並んで有名な試験です。

各級の基準[編集]

上級

商業簿記、会計学、工業簿記及び原価計算について高度な知識を有し、併せて複雑な実務処理能力を有する。
試験の難易度としては日商簿記検定1級とほぼ同じくらいか、それより少し低いと言われています。
1983年(昭和58年)度以降の上級の合格者に対しては、特典として、税理士試験の受験資格が与えられます(これは日商簿記検定1級と同様です。)。

1級

商企業及び工企業における経理責任者として必要な商業簿記及び工業簿記に関する知識を有し、かつ高度な実務処理ができる。試験の難易度としては日商簿記検定2級と同じくらいと言われています。

2級

個人企業及び法人企業の経理担当者又は経理事務員として必要な商業簿記に関する知識を有し、かつ実務処理ができる。試験の難易度としては日商簿記検定3級と同等と言われています。

3級

個人企業における経理担当者又は経理補助者として必要な商業簿記に関する知識を有し、かつ簡易な実務処理ができる。

基礎簿記会計

組織管理のための基本的な帳簿を作成できる。簿記の基本的仕組みが必要な組織、サービス産業全般に必要とされる知識。

試験の実施[編集]

試験は全国統一日程で年に4回(5月、7月、11月、2月)実施されます。ただし、上級は7月と2月の年2回のみ実施します。

2013年(平成25年)までは5月の試験がなく、年3回の実施でした。

試験会場は、全国経理教育協会に加盟している専門学校が指定されます。

試験科目および合否[編集]

上級

「商業簿記」・「会計学」・「工業簿記」・「原価計算」の4科目から構成されます。
試験時間は「商業簿記」・「会計学」の2科目で90分、「工業簿記」・「原価計算」の2科目で90分の合計180分(3時間)にて実施されます。

合格基準は各科目100点満点の計400点満点中、合計280点以上かつ各科目40点以上であること(理論上339点でも不合格が生じる可能性があります)。
科目合格制度はありません(これは同等の難易度と言われている日商簿記検定1級も同じです。)

1級

「商業簿記・会計学」・「原価計算・工業簿記」の2科目から構成されます。
試験時間は1科目あたり90分、2科目の合計で180分(3時間)です。

各科目100点満点の計200点満点中、合計140点以上で合格です。科目合格制度があり、どちらか片方の科目が70点以上だった場合は、その後1年以内にもう片方の科目で70点以上獲得できれば1級合格と認定されます。

2級商業簿記

試験時間は90分です。100点満点中、70点以上で合格です。

2級工業簿記

試験時間は90分です。100点満点中、70点以上で合格です。

3級商業簿記

試験時間は90分です。100点満点中、70点以上で合格です。

基礎簿記会計

試験時間は90分です。100点満点中、70点以上で合格です。

関連項目[編集]

関連外部リンク[編集]

このページ「全経簿記能力検定」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。