労働組合法第13条の10

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コンメンタール労働組合法)(

条文[編集]

(残余財産の帰属)

第13条の10
  1. 解散した法人である労働組合の財産は、規約で指定した者に帰属する。
  2. 規約で権利の帰属すべき者を指定せず、又はその者を指定する方法を定めなかったときは、代表者は、総会の決議を経て、当該法人である労働組合の目的に類似する目的のために、その財産を処分することができる。
  3. 前2項の規定により処分されない財産は、国庫に帰属する。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]

このページ「労働組合法第13条の10」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。