労働組合法第19条の9

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コンメンタール労働組合法)(

条文[編集]

(中央労働委員会の会長)

第19条の9
  1. 中央労働委員会に会長を置く。
  2. 会長は、委員が公益委員のうちから選挙する。
  3. 会長は、中央労働委員会の会務を総理し、中央労働委員会を代表する。
  4. 中央労働委員会は、あらかじめ公益委員のうちから委員の選挙により、会長に故障がある場合において会長を代理する委員を定めておかなければならない。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]

このページ「労働組合法第19条の9」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。