労働組合法第27条の6

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コンメンタール労働組合法)(

条文[編集]

(審査の計画)

第27条の6
  1. 労働委員会は、審問開始前に、当事者双方の意見を聴いて、審査の計画を定めなければならない。
  2. 前項の審査の計画においては、次に掲げる事項を定めなければならない。
    1. 調査を行う手続において整理された争点及び証拠(その後の審査の手続における取調べが必要な証拠として整理されたものを含む。)
    2. 審問を行う期間及び回数並びに尋問する証人の数
    3. 第27条の12第1項の命令の交付の予定時期
  3. 労働委員会は、審査の現状その他の事情を考慮して必要があると認めるときは、当事者双方の意見を聴いて、審査の計画を変更することができる。
  4. 労働委員会及び当事者は、適正かつ迅速な審査の実現のため、審査の計画に基づいて審査が行われるよう努めなければならない。


解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]

このページ「労働組合法第27条の6」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。