反復記号

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

ある部分を繰り返して演奏することを表す記号です。

  • Repeat open.png    Repeat close.png - このふたつの記号の間を反復し、2回演奏します。曲頭では普通 Repeat open.png は省かれます。逆に言うと、Repeat close.png の前に Repeat open.png がなければ、Repeat close.png から曲頭に戻るということになります。
    • Repeat close open.png - Repeat close.pngRepeat open.png が背中合わせに合体して書かれた記号です。ほかにもいくつかの書き方があります。
  • 1st ending.png(1番かっこ)と 2nd ending.png(2番かっこ) - Repeat close.png の前に 1st ending.png がある時は、2回目の演奏の時 1st ending.png の部分をとばして 2nd ending.png に入ります。2nd ending.png2nd ending 2.png のように書かれるときもあります。ときに、3以上の数字が使われることがあります。
  1. D. C.ダ・カーポ) - この記号があったら、曲の最初に戻ります。D. C.の2回目では通常、Repeat open.png    Repeat close.png の反復を省略します。
  • D. S.(ダル・セーニョ) - この記号があったら、Segno.png に戻ります。D. S.の2回目では通常、Repeat open.png    Repeat close.png の反復を省略します。
  • Fine(フィーネ)- 「終わり」の意味だが、D. C. または D. S. で反復しているとき、この記号があったらそこで曲が終わりになります。
  • Vide.png(ヴィーデ)- 「見よ」の意味。元来は、Vide.png があったなら、もうひとつの Vide.png を探してそこを「見よ」という意味でした。普通、D. C. または D. S. で反復しているとき、この記号があったら、それ以降にある Vide.png に飛ぶことを意味します。
    • ポピュラーでは、飛ぶ前の記号を to Vide.png のように書きます。また、Vide.png で飛んだ後の部分は、曲の結尾部 (coda) になることが多いので、飛び先の記号を Vide.png Coda のように書きます。
  • bis ┐- 示された範囲を繰り返す。ごく短い反復に使われます。
  • ・/・-一つ前の一小節を繰り返す。和の楽譜などに使われます。