古典ラテン語/名詞の変化

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

古典ラテン語


名詞の変化について[編集]

ラテン語の 名詞 は、という性質を持ち、用法に応じて格が変化する。


下表に、古典ラテン語の名詞の代表的な語尾変化を挙げる。

名詞のおもな語尾変化
第一変化 第二変化 第三変化 第四変化 第五変化
(名詞の性) 女性 男性 中性 男・女 中性 男・女 中性 男・女
(単語例) amīca
(女友達)
amīcus
(男友達)
verbum
(言葉)
homō
(人間)
corpus
(身体)
manus
(手)
cornū
(つの)
rēs
(物事)
単数 主格 -a -us -um - ※ - ※ -us -ū -ēs
属格 -ae -ī -ī -is -is -ūs -ūs -
対格 -am -um -um -em (-im) - ※ -um -ū -em
与格 -ae -ō -ō -ī -ī - -ū -
奪格 -ā -ō -ō -e (-ī) -e / -ī -ū -ū -ē
複数 主格 -ae -ī -a -ēs -(i) a -ūs -ua -ēs
属格 -ārum -ōrum -ōrum -(i) um -(i) um -uum -uum -ērum
対格 -ās -ōs -a -ēs (-īs) -(i) a -ūs -ua -ēs
与格 -īs -īs -īs -ibus -ibus -ibus -ibus -ēbus
奪格 -īs -īs -īs -ibus -ibus -ibus -ibus -ēbus

(注) 第三変化の ※印 は、単語ごとに語尾の形がさまざまであることを示す。

第一変化[編集]

第一変化 (羅 Prima declinatio ; 英 First declension ; 仏 Première déclinaison ) は、名詞の最も基本的な変化の一つで、そのほとんどが女性名詞に当てはまる。さらに、形容詞の女性形にも同じ形が頻出するポピュラーなものである。

詳しくは、次の項を参照。

ラテン語の辞書で、たとえば amīca という単語を引くと、見出し語は 「 amīca, amīcae 」 または 「 amīca, -ae 」 と記されており、これは 単数・主格の語尾が -a単数・属格の語尾が -ae であることを示している。 この単語は、「 amīc- 」 という決まった語幹と第一変化の語尾から成っており、このように第一変化は語幹が変わらないため、とても分かりやすい。

下表に、第一変化の語尾と、amīca, -ae 「女友達」の変化例を示す。

第一変化
単数 複数
語尾 変化例 語尾 変化例
主格 -a amīca 一人の女友達 主格 -ae amīcae 複数の女友達
属格 -ae amīcae 一人の女友達 属格 -ārum amīcārum 複数の女友達
対格 -am amīcam 一人の女友達 対格 -ās amīcās 複数の女友達
与格 -ae amīcae 一人の女友達 与格 -īs amīcīs 複数の女友達
奪格 -ā amīcā 一人の女友達 から 奪格 -īs amīcīs 複数の女友達 から


(編集中)


第二変化[編集]

第二変化 (羅 Secunda Declinatio ; 英 Second declension ; 仏 Deuxième déclinaison ) も、名詞の基本的な変化で、男性名詞・中性名詞に当てはまる 「 -us 」「 -um 」 という二つの型が中心である。これらは、形容詞の男性形・中性形にも同じ形が頻出するポピュラーなもので、第一変化と並んで重要である。

詳しくは、次の項を参照。


第二変化
-us 型 -um 型
(名詞の性) 男性 中性
(単語例) 語尾 amīcus, -ī 「友人、男友達」 語尾 verbum, -ī 「言葉」 語尾比較
単数 主格 -us amīcus 一人の男友達 -um verbum 一つの言葉 主格 -us -um
属格 -ī amīcī 一人の男友達 -ī verbī 一つの言葉 属格 -ī
対格 -um amīcum 一人の男友達 -um verbum 一つの言葉 対格 -um
与格 -ō amīcō 一人の男友達 -ō verbō 一つの言葉 与格 -ō
奪格 -ō amīcō 一人の男友達 -ō verbō 一つの言葉 奪格 -ō
複数 主格 -ī amīcī 複数の男友達 -a verba 複数の言葉 主格 -ī -a
属格 -ōrum amīcōrum 複数の男友達 -ōrum verbōrum 複数の言葉 属格 -ōrum
対格 -ōs amīcōs 複数の男友達 -a verba 複数の言葉 対格 -ōs -a
与格 -īs amīcīs 複数の男友達 -īs verbīs 複数の言葉 与格 -īs
奪格 -īs amīcīs 複数の男友達 -īs verbīs 複数の言葉 奪格 -īs




(編集中)

第三変化[編集]

第三変化 (羅 Tertia Declinatio ; 英 Third declension ; 仏 Troisième déclinaison ) は、名詞の数が多く、複雑な変化に富んでいる。 形容詞の変化にも用いられる重要な変化形だが、一筋縄にはいかない難解なグループである。 分類の仕方は、文法書によっても異なるが、ここでは代表的なタイプを挙げる。

詳しくは、次の項を参照。

第三変化 (おもな語尾変化)
(名詞の性) 男性・女性名詞 中性名詞
(分類例) 子音幹
異数音節
子音幹
異数音節
i幹
等数音節
i幹
擬異数音節
子音幹
異数音節
i幹
等数音節
(単語例) 語尾
変化
homō
(人間)
cīvitās
(共同体)
cīvis
(市民)
urbs
(都市)
語尾
変化
flūmen
(川)
mare
(海)
(語幹例) homin- cīvitāt- cīv- urb- flūmin- mar-
単数 主格 - ※ homō cīvitās cīvis urbs - ※ flūmen mare
属格 -is hominis cīvitātis cīvis urbis -is flūminis maris
対格 -em (-im) hominem cīvitātem cīvem urbem - ※ flūmen mare
与格 -ī hominī cīvitātī cīvī urbī -ī flūminī marī
奪格 -e (-ī) homine cīvitāte cīve (-ī) urbe -e / -ī flūmine marī
複数 主格 -ēs hominēs cīvitātēs cīvēs urbēs -(i) a flūmina maria
属格 -(i) um hominum cīvitātum cīvium urbium -(i) um flūminum marium
対格 -ēs (-īs) hominēs cīvitātēs cīvēs (-īs) urbēs (-īs) -(i) a flūmina maria
与格 -ibus hominibus cīvitātibus cīvibus urbibus -ibus flūminibus maribus
奪格 -ibus hominibus cīvitātibus cīvibus urbibus -ibus flūminibus maribus

(注) 第三変化の ※印 は、単語ごとに語尾の形がさまざまであることを示す。



(編集中)


第四変化[編集]

第四変化 (羅 Quarta Declinatio ; 英 Fourth declension ; 仏 Quatrième déclinaison ) は、名詞の数が多くはなく、第一変化~第三変化に比べると重要な変化ではないが、不規則な例外も少ない。 おもに、男性・女性名詞の 「 -us 型 」と、中性名詞の 「 -ū 型 」 からなる。

詳しくは、次の項を参照。



第四変化
-us 型 -ū 型
(名詞の性) 男・女 中性
(単語例) 語尾 manus, -ūs 「手」 語尾 cornū, -ū 「角(つの)」 語尾比較
単数 主格 -us manus 一つの手 -ū cornū 一つの角 主格 -us -ū
属格 -ūs manūs 一つの手 -ūs cornūs 一つの角 属格 -ūs
対格 -um manum 一つの手 -ū cornū 一つの角 対格 -um -ū
与格 - man 一つの手 -ū cornū 一つの角 与格 - -ū
奪格 -ū manū 一つの手 -ū cornū 一つの角 奪格 -ū
複数 主格 -ūs manūs 複数の手 -ua cornua 複数の角 主格 -ūs -ua
属格 -uum manuum 複数の手 -uum cornuum 複数の角 属格 -uum
対格 -ūs manūs 複数の手 -ua cornua 複数の角 対格 -ūs -ua
与格 -ibus manibus 複数の手 -ibus cornibus 複数の角 与格 -ibus
奪格 -ibus manibus 複数の手 -ibus cornibus 複数の角 奪格 -ibus


(編集中)




第五変化[編集]

第五変化 (羅 Quinta Declinatio ; 英 Fifth declension ; 仏 Cinquième déclinaison ) は、名詞の数が少なく、あまり重要ではないグループだが、頻出語の rēsdiēs が含まれる。

詳しくは、次の項を参照。


第五変化
属格 -eī 型 属格 -ēī 型
(名詞の性) 女性 女性 (男性)
(単語例) 語尾 rēs, -eī 「物、事」 語尾 diēs, -ēī 「日、昼間」 語尾比較
単数 主格 -ēs rēs 一つの物事 -ēs diēs 一つの日 主格 -ēs
属格 - r 一つの物事 -ēī diēī 一つの日 属格 - -ēī
対格 -em rem 一つの物事 -em diem 一つの日 対格 -em
与格 - r 一つの物事 -ēī diēī 一つの日 与格 - -ēī
奪格 -ē rē 一つの物事 -ē diē 一つの日 奪格 -ē
複数 主格 -ēs rēs 複数の物事 -ēs diēs 複数の日々 主格 -ēs
属格 -ērum rērum 複数の物事 -ērum diērum 複数の日々 属格 -ērum
対格 -ēs rēs 複数の物事 -ēs diēs 複数の日々 対格 -ēs
与格 -ēbus rēbus 複数の物事 -ēbus diēbus 複数の日々 与格 -ēbus
奪格 -ēbus rēbus 複数の物事 -ēbus diēbus 複数の日々 奪格 -ēbus



(編集中)




脚注[編集]


参考文献[編集]

関連記事[編集]

ラテン語版[編集]

仏語版[編集]

英語版[編集]

外部リンク[編集]