和声学/4声体の配置/4声体

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

削除依頼中

当ページ「和声学/4声体の配置/4声体」の削除依頼が提出されています。今後当ページに加えられた編集は無駄となる可能性がありますのでご注意頂くとともに、削除の方針に基づき削除の可否に関する議論への参加をお願いします。なお、依頼の理由等については削除依頼該当する節このページのトークページなどをご覧ください。

和声法の実地においては、通常、混声4部合唱の形が使用される。 つまり、一つの和音は四つの声部(ソプラノ・アルト・テノール・バス)で表される。 これを 4 声体という。

4声体大譜表.png

4 声体の外側の二つの声部(バス・ソプラノ)を外声と呼ぶ。 内側の二つの声部(テノール・アルト)を内声と呼ぶ。

あるいは、上側 3 声部(テノール・アルト・ソプラノ)を上(じょう)3 声、 下側 3 声部(バス・テノール・アルト)を下(か)3 声、と呼ぶ。