和声学/4声体の配置/4声体の配置

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

削除依頼中

当ページ「和声学/4声体の配置/4声体の配置」の削除依頼が提出されています。今後当ページに加えられた編集は無駄となる可能性がありますのでご注意頂くとともに、削除の方針に基づき削除の可否に関する議論への参加をお願いします。なお、依頼の理由等については削除依頼該当する節このページのトークページなどをご覧ください。

3和音の構成音を四つの声部に割り当てて4声体とすることを 3 和音の配置と呼ぶ。 配置においては、次の各点に留意しなければならない。

声部の音域[編集]

四つの声部は、声部ごとに音域が設定されている。 配置にあたっては、この音域を守る必要がある。 下譜中の点線で示した音域は例外的にだけ用いることができる。

声部の音域

構成音の重複[編集]

本来三つの構成音からなる 3 和音を四つの声部に配置するのだから、構成音の一つは重複しなければならない。 原則として根音を重複するのが最も良好である。 しかし場合によっては 5 音や 3 音を重複しても差し支えない。

構成音重複.png

構成音の省略[編集]

省略は普通、避けたほうがいい。しかし場合によっては 5 音ならば省略することは可能である。

構成音の省略2.png

根音・3 音は省略できない。

声部間の間隔[編集]

各声部の間隔はだいたい次ぎのように制限されることが多い。

  • ソプラノ~アルト間:1オクターブ以内
  • アルト~テノール間:1オクターブ以内
  • テノール~バス間:12度(複 5 度)以内

声部間間隔.png

交差[編集]

四つの声部(下からバス・テノール・アルト・ソプラノ)の上下の順が入れ替わって配置されることを交差という。 交差は禁忌というわけではないが、無益な混乱を避けるために行わないほうがよい。

交叉.png