商業登記規則第48条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール商業登記法コンメンタール商業登記規則

条文[編集]

(記載の文字)

第48条
  1. 申請書その他登記に関する書面に記載する文字は、字画を明確にしなければならない。
  2. 金銭その他の物の数量、年月日及び番号を記載するには、「壱、弐、参、拾」の文字を用いなければならない。ただし、横書きをするときは、アラビヤ数字を用いることができる。
  3. 第1項の書面に記載した文字の訂正、加入又は削除をしたときは、その字数を欄外に記載し、又は訂正、加入若しくは削除をする文字の前後に括弧を付して、その範囲を明らかにし、かつ、その字数を欄外に記載した部分又は当該訂正、加入若しくは削除をした部分に押印しなければならない。この場合において、訂正又は削除をした文字は、なお読むことができるようにしておかなければならない。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
商業登記規則第47条
(登記記録の復活)
商業登記規則
第2章 登記手続
第1節 通則
次条:
商業登記規則第49条
(添付書類の還付)


このページ「商業登記規則第48条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。