地方自治法第211条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学行政法コンメンタール地方自治法

条文[編集]

(予算の調製及び議決)

第211条
  1. 普通地方公共団体の長は、毎会計年度予算を調製し、年度開始前に、議会の議決を経なければならない。この場合において、普通地方公共団体の長は、遅くとも年度開始前、都道府県及び第252条の19第1項に規定する指定都市にあつては三十日、その他の市及び町村にあつては二十日までに当該予算を議会に提出するようにしなければならない。
  2. 普通地方公共団体の長は、予算を議会に提出するときは、政令で定める予算に関する説明書をあわせて提出しなければならない。

解説[編集]

関連条文[編集]

判例[編集]


前条:
地方自治法第210条
(総計予算主義の原則)
地方自治法
第2編 普通地方公共団体
第9章 財務
第2節 予算
次条:
地方自治法第212条
(継続費)
このページ「地方自治法第211条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。