地球温暖化防止対策

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア地球温暖化の記事があります。
Wikipedia
ウィキペディア地球温暖化への対策の記事があります。

地球温暖化とは、大まかに説明すると「人及びそれによる行動・機械が出す温室効果ガスによる、気候変動の一部で、地球表面の大気や海洋の平均温度が長期的に上昇する現象」とされている。(詳しくはWikipediaの記事を参照)この本ではその地球温暖化を防止するための対策を説明する。そもそも対策は地球温暖化を根本的にこれ以上広がらないようにして最後は地球温暖化がなかった方向に向かう「緩和」と、温暖化に慣れ、それにあった行動をする「適応」がある。この本ではあくまで「防止」のため、「緩和」の内容を述べる。 現在考えられている対策は、主に温室効果ガスの排出量削減、又はその回収がある。

排出量削減[編集]

資源の変更[編集]

温室効果ガスの大部分を占める二酸化炭素( CO2 )を使用時に多く排出する石油、石炭など以外の、二酸化炭素排出量が少ない燃料の使用(いずれこういった化石燃料は今後75年いないに底をつくことが知られている[要出典])

日常的にできること[編集]

できる人に取り組んでもらいたいこと[編集]

置換[編集]

温室効果ガスの大部分を占める二酸化炭素は植物の光合成により酸素に変換できる。すなわち、それを応用し植林などを推し進めることにより二酸化炭素を減らすことができる。しかし、近年の森林伐採が拡大する現状[要出典]では難しく、そもそも砂漠化により植林する場所すらない。日本は外国から安く木材を輸入していることが幸か不幸か幸いし外国に比べ森林が国土に占める割合が多くあまり日本人は森林伐採に関する現状を理解していない、と外国の専門家から指摘される。[要出典]

このページ「地球温暖化防止対策」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。