失業保険法及び労働者災害補償保険法の一部を改正する法律及び労働保険の保険料の徴収等に関する法律の施行に伴う関係政令の整備等に関する政令

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

失業保険法及び労働者災害補償保険法の一部を改正する法律及び労働保険の保険料の徴収等に関する法律の施行に伴う関係政令の整備等に関する政令(最終改正:平成一二年六月七日政令第三〇九号)の逐条解説書。

Wikipedia
ウィキペディア失業保険法及び労働者災害補償保険法の一部を改正する法律及び労働保険の保険料の徴収等に関する法律の施行に伴う関係政令の整備等に関する政令の記事があります。
第1条(政令の廃止)
第16条(失業保険暫定任意適用事業)
第17条(労災保険暫定任意適用事業)
第18条(従前の保険料の労働保険料等への充当)
第19条(失業保険に係る国庫負担及び保険料率の算出方法に関する経過措置)
第20条(一人親方等の特別加入等に関する経過措置)
第21条
第22条(日雇労働被保険者に関する経過措置)
第23条(不服申立て等に関する経過措置)
第24条(不利益な取扱いの禁止に関する経過措置)
第25条(報告等に関する経過措置)
第26条(保険関係の消滅に係る認可に関する経過措置)
このページ「失業保険法及び労働者災害補償保険法の一部を改正する法律及び労働保険の保険料の徴収等に関する法律の施行に伴う関係政令の整備等に関する政令」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。