将棋/▲7六歩/△3四歩/▲2六歩/△8四歩/▲2五歩/△8五歩/▲7八金/△3二金/▲2四歩/△同歩/▲同飛

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
987654321 
 
      
   
       
      Shogi uat22.svg 
      Shogi uda22.svg 
 Shogi uda22.svg
     Shogi uas22.svg 
 
11手目▲2四同飛まで

先手が飛車先を交換した局面。

後手も△8六歩▲同歩△同飛と飛車先を交換するのが自然である。


△8六歩[編集]

詳細は「将棋/▲7六歩/△3四歩/▲2六歩/△8四歩/▲2五歩/△8五歩/▲7八金/△3二金/▲2四歩/△同歩/▲同飛/△8六歩」を参照
987654321 
 
      
   
       
 Shogi dah22.svg       
       
  
       
 
12手目△8六歩まで


△2三歩[編集]

詳細は「将棋/横歩取り△2三歩」を参照
なし
987654321 
 
      
  
       
        
        
  
       
 
12手目△2三歩まで

後手は△8六歩と行かず、角頭を守って△2三歩と打つ手も考えられなくはない。

ここで▲3四飛と横歩を取れなければ、通常の横歩取りの定跡も存在し得ないため、この局面の結論には重大な意義がある。

木村義雄以前はここで▲3四飛の形を横歩取りといい、△8八角成▲同銀△2五角で先手不利とされたため、「横歩取り三年の患い」ともいわれた。しかし現代では、△2五角に対して▲3六飛、▲3二飛成のいずれでも先手必勝が定説となっている。


△4一玉[編集]

△4二玉[編集]

△8四飛[編集]

△7二銀[編集]

△9四歩[編集]

△1四歩[編集]

△8八角成[編集]

△8八角不成[編集]

△3五歩[編集]

脚注[編集]


参考文献[編集]

このページ「将棋/▲7六歩/△3四歩/▲2六歩/△8四歩/▲2五歩/△8五歩/▲7八金/△3二金/▲2四歩/△同歩/▲同飛」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。