小学校国語/1学年

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小学校国語 一学年(しょうがっこう いちがくねん)

ひらがな、かたかな、かん字について まなびましょう。

ひらがな[編集]

ひらがなについて しりたいひとは 「ひらがな・カタカナ/ひらがな」を みてください。

カタカナ(かたかな)[編集]

カタカナについて しりたいひとは 「ひらがな・カタカナ/カタカナ」を みてください。


はをへ を つかおう[編集]

「は」「わ」

文(ぶん) と 文しょう(ぶんしょう)[編集]

文(ぶん)であるものを、れいにあげまず。

たとえば「わたしは男です。」とか「わたしは女です。」みたいなのは、文(ぶん)です。

「わたし」も「男」も「女」も「です」も「。」も、すべて文ではないです。

ことばが、ひとまとまりになって、いみがつうじるものを「文」(ぶん)といいます。

文(ぶん)の さいごには 「。」を つけます。

文には、つぎのような、 かたち が あります。

○○が なんとか だ。  (れい)「ここ は がっこう だ。」
○○が なになにを する。  (れい)「いぬ が ほえる。」


文が あつまった もの を 文しょう(ぶんしょう、文章) と いいます。

(れい) 「あさ、わたし は おきた。 さて、きょう は、もえる ごみ を すてられる 日 だ。 では、 ごみすてば に ごみ を すてに いこう。 」

みたいなのは、 文が いくつも あつまってるので 文しょう です。

「せつめい」[編集]

せつめい とは、 なにか を しらせたい ひと が、そのこと を はなしたり、かいたりして、おしえよう と すること です。

↑この「せつめい とは、 なにか を しらせたい ひと が、そのこと を はなしたり、かいたりして、おしえよう と すること です。」と いう 文しょう も、せつめい です。

せつめい の ため の 文 や 文しょう を せつめい文 (せつめいぶん) と いいます。


せつめい文 を 書いた 人(ひと) を 、ひっしゃ(筆者) と いいます。

筆(ひつ) とは、おしゅうじ の ふで(筆) と、おなじ 字 です。

ものがたり[編集]

むかしばなし の ももたろう とか みたい に、  人(ひと) が つくった おはなし で、 ほんと には なかった おはなし を ものがたり と いいます。

さいきん つくられた おはなし でも、 人(ひと) が つくった おはなし なら、 ものがたり です。


ものがたり を つくった ひと を さくしゃ(作者) と いいます。 さく(作)とは、「つくる」という意味(いみ)です。「つくる」も、漢字(かんじ)で、「作る」(つくる)と書きます。

あらすじ[編集]

ものがたり の おはなし を みじかく まとめた もの です。

たとえば、ももたろう の あらすじ は 、

「もも から うまれた ももたろう が、 わるい おに を こらしめて、おにたいじ を した 。」

と いうふうに なります。

とうじょう じんぶつ[編集]

ものがたり に でてくる 人(ひと) など、こころ を もった もの たち を とうじょうじんぶつ(登場人物) と いいます。  にんげん(人間) で なくても、こころ を もっていて、 しゃべったり 、 かんがえたり できる もの ならば、とうじょう じんぶつ  と いいます 。

ももたろう の とうじょうじんぶつ は、にんげん で ある ももたろう と おじいさん と おばあさん が とうじょうじんぶつ ですし、 ほかにも いぬ とか さる とか きじ とかも、ももたろう と いっしょ に おにたいじ を するために かんがえたり しているので、とうじょうじんぶつ です。

おにたいじ された おに たち も、 とうじょう じんぶつ です。


きびだんご は、 とうじょうじんぶつ では ありません。