強弱記号

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

強弱記号は、音符の下、または上に付して書かれます。

ある強さが続くことを表す記号[編集]

この記号が書いてある音符よりあとの音符も、同じ強さで演奏することを表します。最も大切なのは次の6つです。

  • Music dynamic fortissimo.svg(フォルティッシモ)- とても強く
  • Music dynamic forte.svg(フォルテ)- 強く
  • Music dynamic mezzo forte.svg(メゾフォルテ)1996年ころから学校教科書の発音(メッゾフォルテ)に変化しました- やや強く
  • Music dynamic mezzo piano.svg(メゾピアノ)1996年ころから学校教科書の発音(メッゾピアノ)に変化しました。- やや弱く
  • Music dynamic piano.svg(ピアノ)- 弱く
  • Music dynamic pianissimo.svg(ピアニッシモ)- とても弱く

また、より強い、また弱い音を表すために、Music dynamic forte.svgMusic dynamic piano.svgを3つ以上連ねることもあります。

これらの記号は、実はイタリア語の略語です。ですから、「やや」とか「もっと」といったことばを添えたい場合などには、イタリア語として扱う必要があります。

ときどき、次のようなことばが使われることがあります。

  • sotto voce(ソットヴォーチェ) - 声を抑えて
  • mezza voce(メッツァヴォーチェ) - 半分の声で

強さの変化を表す記号[編集]

だんだん大きく、またはだんだん小さくすることを表す強弱記号には、文字によるものと図形によるものとの2通りがあります。意味は同じですが、文字によるものが通常変化の開始点に書かれるのに対し、図形では変化の開始から終了までにわたって書かれます。また、それらの両方が書かれて意味を強調することがあります。

  • 文字によるもの
  • 図形によるもの
    • Music-crescendo.svg - だんだん大きく
    • Music-diminuendo.svg - だんだん小さく

文字の記号を用いて、変化の開始から終了までにわたって書かれることもあります。たとえば、次のように表されます。

  • cre – – scen – – do
  • cresc. – – – –

文字の記号は、poco a pocopocomoltoなどと同時に使われることがあります。

ある音だけが強いことを表す記号[編集]

  • Music dynamic fortepiano.svg(フォルテピアノ)- 強く、その後、直ちに弱く
  • Music expression sforzando sf.svg(スフォルツァンド、スフォルツァート)- その音を他の音よりも強く(できる楽器ではその音の出だしを弱く、直後に強くして弱める)
  • Sfz.svg(スフォルツァンド、スフォルツァート)- その音を他の音よりも強く(できる楽器ではその音の出だしを弱く、直後に強くして弱める)
  • Music expression forzando.svg(フォルツァンド、フォルツァート)- その音を他の音よりも強く(できる楽器ではその音の出だしを弱く、直後に強くして弱める)
  • Rinforzato001.png(リンフォルツァンド、リンフォルツァート)- その音を他の音よりも強く(できる楽器ではその音の出だしを弱く、直後に強くして弱める)
  • >(アクセント)- その音を他の音よりも強く(できる楽器ではその音のはじめだけを強くしその後弱める)
  • Accento003.png(アクセント)- その音を他の音よりも強く(できる楽器ではその音のはじめだけを強くしその後弱める)音符の上に付けられる。
  • Accento004.png(アクセント)- その音を他の音よりも強く(できる楽器ではその音のはじめだけを強くしその後弱める)音符の下に付けられる。
  • Accento005.png(アクセント)- その音を最初弱く、だんだん強くしてからだんだん弱く。