慶應義塾大対策/法学部

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

一般入試組は全体の36%程度であり[1]、残りがFIT入試枠、内部進学者、帰国・留学生入試枠合格者等である。
内部進学者と一般入試組の合計人数は法学部全体の3分の2程度である。 ※FIT入試は、「目標と構想が明確であり、そのために慶應義塾大学法学部法律学科・政治学科で勉強を望む」優秀な成績をおさめている学生と、「この学生を教えたい」という法学部教員との良好な相性(FIT)を実現しようとするものとしてスタートした入試である。具体的には、書類選考によって志願者の志望動機や将来のビジョン、学業成績等を調べられ、論述(考察)試験やグループ討論、面接によって、志願者の思考力や表現力、人間性、コミュニケーション能力が見られる。出願条件が厳しい。

慶應法学部(一般受験組)では、外国語(200点)・地歴(100点)・論述力試験(100点)の3科目(計400点満点)が課される。外国語は英語・ドイツ語・フランス語から1言語、地歴は世界史・日本史から1科目選択である(地理の選択は認められていない)。どの科目も難易度は非常に高い。特に、論述力試験は国語の現代文では出題されないような法学・政治学系の難しい課題文が出題されている。数学受験が出来ず、英語と社会科目は全問マークであるため、国立大学の併願で受験を考えている受験生は注意が必要である。

経済学部同様に外国語と地歴で足切りを行い、これらの合計が一定ライン以上に達しないと論述力試験の採点対象から外される。合格難易度に関しては、早稲田大学政治経済学部と並んで、早慶文系学部の中で最も高い。

外国語(英語)[編集]

試験時間は80分、配点は200点、全問マーク式。発音・アクセント問題、文法・語法問題、会話文読解問題、長文読解問題が出題されており、設問・指示も全て英語である。英語の問題難易度は早慶の中で最も高く、早稲田大学社会科学部の英語と並ぶ問題難易度である。 長文読解問題では論説文だけでなく、小説が出題される年度もある。会話文読解問題では、空所補充問題が出題される。前置詞や副詞、受験生にはなじみのないような慣用句を完成させる問題が中心である。副詞や前置詞の意味を理解しないで、ただ単に熟語や慣用句を暗記している受験生は歯が立たない内容であり、ハイレベル受験生の間でも差が付きやすい。熟語や構文を暗記する際、その前置詞や副詞が「意味の形成」にどのように影響を与えているのかを日頃から意識していこう。全体的に、相当な語彙力が必要であるが、それだけではなく、「英文の記述から論理的に判断できる内容は何か」という視点で作られた設問が多いため、高度な論理的思考力や読解力も求められる内容になっている。

  • 発音・アクセント問題

頻出ではあるが、出題されない年度もある。出題される場合は最初に出題される。アクセントの位置の法則は押さえておくべきである。固有名詞のアクセントの位置を問うなど、英語が得意な受験生でも得点は安定しないことが往々にしてあるため、すぐに処理して、次の問題へ行こう。

  • 文法・語法問題

1つの文中に4つないしは5つの下線が最初から引かれていて1問につき1文が出題される早稲田大や上智大とは異なり、正誤を判定する箇所が指定されていない。そのため、1つの文の中で正誤を判定するための焦点を自分で絞り込むのが難しい。さらに、設問の選択肢1つにつき1文になっているため、焦点を絞り込んで且つそこの正誤を判定する作業を4~5回行わなければならない。他の私大の文法正誤に比べたら圧倒的に難易度が高く、厄介である。対策としては、まず参考書や過去問などを使用し、早稲田大学人間科学部や上智大学の文法正誤問題で8割が安定する実力をつける。(社会科学部の正誤問題は悪問が目立つため、練習には適さない。)ただ、その実力をつけても最初は慶應法の文法正誤には歯が立たないだろう。あとは慶應法の過去問の文法正誤をできるだけ多く解いて慣れることが重要である。ある程度の実力がある状態なら、問題に慣れることで得点力の上昇が見込める。

  • 会話文読解問題

会話文の中にある空所に適切な副詞や前置詞を入れていく問題として出題される。早慶で出題される会話文の中で最も難しい。熟語や構文をそのまま覚えるような暗記学習をしている受験生は歯が立たないだろう。なぜなら、前置詞や副詞の本質的なイメージやニュアンス、用法などを掴み、それを実際の文脈や文構造に当てはめる能力が必要であるからだ。また、前後の文の意味や全体の流れから、どの副詞を入れて、動詞にどのような意味を持たせるかを考えさせるため、相当な読解力も必要とされる。難易度は非常に高く、英語が得意な受験生の間でも差が生まれやすい問題である。

  • 長文読解問題

例年、2題出題される。両方とも早慶の英語長文の中で、早稲田大学社会科学部と並んでトップクラスに難しい。1題は下線を引かれた難単語や難熟語の定義を選択する問題。難単熟語は英検1級レベルである。文章自体難しい内容のものが多いため、相当の語彙力と推測力が求められる。ハイレベルの受験生の中には、受験範囲を逸脱した英検1級レベルの語彙を丸暗記している人もいる。ただし、これの実施に関しては個人の自由である。むしろ、よほど余裕のある受験生以外には勧めない。まずは受験範囲内の基礎~やや難レベルの内容を固めるのが先決であるからだ。 もう1題は、空所補充問題、語句整序問題、内容説明問題からなる総合読解問題。会話文読解問題同様に、相当な語彙力と読解力が求められる難易度の高い問題が多く、受験生の間で差が生まれやすい。長文の総合読解問題は、本文の内容は早慶の中では標準的であるが、設問の難易度は非常に高い。選択肢が切りにくく、「答えが2つあるのではないか」「出題ミスなのではないか」という錯覚に陥りやすい。早慶の長文の中で、全体にわたってこのような感覚を味わうような出題がされるのは、慶應経済の長文の難化年以外には存在しない。そのため、高度な国語的読解力をつけるのは当たり前として、とにかく過去問演習をできるだけ多くこなすことが重要である。英語を日本語に訳すまでは標準的な難易度であるが、訳してから内容を正確に把握して選択肢を吟味するのが難しい。どちらかというと国語に近い難しさである。

世界史[編集]

試験時間は60分、配点は100点、全問マーク式。早慶の世界史の中では最も難しい。合格点の目安は7割であるが、7割に到達するためには用語集の使用が必須である。近年難化傾向にあり、語群の選択肢数が非常に多く、限られた時間の中で正答を見つけなければならない。全問選択といっても、実質は記述と大差ない。語群は例年解答数の6倍程度に上り、受験生の負担はかなり大きい。 年度によって難易度が異なり、例年、大問は4題、小問数は50問で、社会史、経済史、文化史からの出題が目立ち、広範囲で広地域を扱い、かつ時代範囲が広い。西アジア史や東欧史からもかなり踏み込んだ内容の出題が見られ、歴史を多角的な視点から論じた文章が提示される。一見基本レベルの問題のように錯覚させながら解答の文脈が違っているなど高度な問題が目立つ。また、近年は設問の種類が増え、空所補充だけでなく並べ替えや正誤問題、史料問題の出題が増加しており、幅広い対策が必要になっている。正誤問題は6択中2択を選び、2つとも完答しなければ正答扱いにならないため、形式としてはかなり厳しいものになっている。また、形式的に厳しい上に内容も難しく、選択肢を絞り込みにくいため厄介である。なお、試験時間は60分のため、かなりのスピードで解答することが求められる。時事的なテーマで点を取りこぼすようでは、合格は難しいだろう。

日本史[編集]

試験時間は60分、配点は100点、全問マーク式。早慶の日本史の中では最も難しい。合格点の目安は7割であるが、7割に到達するためには用語集の使用が必須である。近年難化傾向にあり、語群の選択肢数が非常に多く、限られた時間の中で正答を見つけなければならない。英語が易化する年に難化し、逆に英語が難化すると易化する。全問選択といっても、実質は記述と大差ない。語群は例年解答数の6倍程度に上り、受験生の負担はかなり大きい。近現代からは必ず大問が1~2題出題されるため、山川出版の用語集で取りこぼしのないくらい学習することが大切。山川出版教科書の、文章の穴埋め出題が多いが、用語集の解説を穴埋めにしたりもするので、双方の緻密な学習が求められる。なお、戦後の政党史は頻出であるので、重点を置いて学習すべき。また、近年は設問の種類が増え、空所補充だけでなく並べ替えや正誤問題、史料問題の出題が増加しており、幅広い対策が必要になっている。正誤問題は6択中2択を選び、2つとも完答しなければ正答扱いにならないため、形式としてはかなり厳しいものになっている。また、形式的に厳しい上に内容も難しく、選択肢を絞り込みにくいため厄介である。 古代から近現代までと幅広く出題され、昭和戦後史の出題は少ないが、近年増加傾向にある。全体を通して、細かい知識を必要とする設問が多い。テーマ史が必ず出され、近現代における特定の政治家を取り上げた問題が2007年度から続いているので、幕末から明治以後の政治史を押さえておく必要がある。また、教科書程度では補えない史料も出題されるため、できるだけ多くの史料に当たっておくことが必要であろう。

論述力[編集]

試験時間は90分、配点は100点。法学部独自の「資料を与えて、理解、構成、発想、表現の能力を問う」という科目である。制限字数は全体で1000字。論説・評論を速く正確に読み解く力が必要である。問題自体は受験生の高度な読解力や思考力、表現力を問う難問(良問)ぞろいである。最初の400字は本文の要約を記述する。ここは国語的な読解力があれば対処可能であるため、現代文学習の延長線上として、抽象的なテーマの要約や記述問題の練習をやりこんでおくことが重要である。一般的に「小論文」と言われているのは後半の意見論述問題のことである。慶應の小論文は半分は国語(現代文)であり、現代文と小論文の融合問題のような形式である。 提示される課題文の内容はかなり専門的で、大学受験生にとっては読みづらいと思われる。求められている知識は、古代ギリシアの都市国家における政治判断を問うもの(2010年度)、政治的空間としての日本社会という切り口からセキュリティー社会をとらえる(2009年度)、現代日本における知識人像の考察(2008年度)などで、これらを論述するための能力は一朝一夕に身に付くものではない。下地作りとしては、現代社会と法との関係についてコンパクトにまとめられた参考図書として『法哲学講義』(東京大学出版会)、『法の臨界』(東京大学出版会)などをお勧めしたい。これらを読み、理解し、法学や政治学の基礎的な枠組みの把握が出来たら、当該学部の過去問研究に取り組むとよい。また、京都大学法学部後期の小論文が傾向として似ているため、こちらに取り組むこともお勧めする。

例えば、09年にはハンナ・アレント(Hannah Arendt)の『公共空間論』が出題されているが、思想家の概念についての知識・理解・関心が無ければ、受験生は問題の解答を論述することが難しい。