戸籍法第20条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール戸籍法

条文[編集]

【入籍者に配偶者があるとき】

第20条
前二条の規定によつて他の戸籍に入るべき者に配偶者があるときは、前二条の規定にかかわらず、その夫婦について新戸籍を編製する。

解説[編集]

  • 戸籍法第18条【子・養子の籍】
  • 戸籍法第19条【離婚・離縁等による復氏者の籍】

参照条文[編集]


前条:
戸籍法第19条
【離婚・離縁等による復氏者の籍】
戸籍法
第4章 届出
第1節 通則
次条:
戸籍法第20条の2
【外国人との婚姻等による新戸籍編成】
このページ「戸籍法第20条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。