コンテンツにスキップ

料理本/カルボナーラ

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』

スパゲッティ・アッラ・カルボナーラは、卵、グアンチャーレ(豚頬肉の塩漬け)、ペコリーノ・ロマーノチーズ、黒胡椒、塩を使ったローマの定番パスタ料理です。シンプルでありながら風味豊かなこの料理は、忙しい平日の夜にぴったりです。

材料

[編集]

作り方

[編集]
  1. 大きな鍋にたっぷりの水と塩を入れ、沸騰させます。スパゲッティを加えてパッケージの指示に従ってアルデンテに茹でます。
  2. パスタを茹でている間に、グアンチャーレを中火で熱したフライパンでカリカリになるまで炒めます。グアンチャーレを取り出し、皿に置いておきます。
  3. 大きなボウルに卵、ペコリーノ・ロマーノチーズ、黒胡椒、塩を少し入れてよく混ぜます。
  4. パスタが茹であがったら水気を切り、1カップの茹で汁を取っておきます。
  5. 水気を切ったパスタをフライパンのグアンチャーレと一緒に混ぜます。
  6. フライパンを火から下ろし、すぐに卵液を加えます。フライパンの余熱を使って卵を優しく調理しながら、パスタ全体に卵液を絡めます。
  7. ソースが固すぎる場合は、取っておいた茹で汁を少し加えて薄めます。
  8. すぐに皿に盛り付け、さらにペコリーノ・ロマーノチーズと黒胡椒をふりかけて召し上がれ。

ヒント

[編集]

バリエーション

[編集]

まとめ

[編集]

スパゲッティ・アッラ・カルボナーラは、誰もが楽しめる美味しく汎用性の高い料理です。シンプルな材料とちょっとしたコツで、このローマの定番料理を自宅で簡単に作ることができます。

追加情報

[編集]
  • 歴史: カルボナーラは、20世紀中頃にローマで生まれたと考えられています。この料理の起源には様々な説がありますが、人気の説の一つは、第二次世界大戦中にアメリカ兵士によって作られたというものです。
  • 栄養: スパゲッティ・アッラ・カルボナーラは、タンパク質と脂肪の優れた供給源です。また、カルシウムとビタミン Aも豊富に含まれています。
  • 盛り付け: スパゲッティ・アッラ・カルボナーラには伝統的にサラダを添えます。赤ワインや白ワインと一緒に飲むこともできます。

カテゴリツリー

[編集]
Wikipedia
Wikipedia
ウィキペディアカルボナーラの記事があります。
カテゴリー カルボナーラ はありません