日本史 安土桃山時代

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安土桃山時代とは[編集]

安土桃山時代とは、織田信長豊臣秀吉が政権を握っていた時代。1573年から1598年の間の時代である。戦国時代の末期と見なしたり、戦国時代から江戸時代への過渡期と見なす場合もある。始まりを1568年とする場合や、終わりを1603年とする場合もある。

この時代の政治的特色としては、政教分離、兵農分離が行われ身分制度が確立した事、文化的な特色としては、南蛮文化が伝わり、本格的なヨーロッパの文化が流入したことがあげられる。また、桃山文化に影響されて桃山文化ができたとされる

時代名の由来[編集]

「安土桃山時代」というのは、織田信長の末期の居城、安土城と豊臣秀吉の代表的な城として知られる伏見城の跡地に後世に名付けられた「桃山」という地名に由来するが、この「桃山」というこの地名は伏見城の跡地に植えられた桃の木に由来するという説がある。いずれにせよ、どちらの城も築城者が居留していた期間は短く、さらにすぐに廃城の憂き目に遭っているため、時代名にこれらの城を使用するべきではないという意見もある。

当時の贅沢の限りを尽くしたとされる安土城を描いた当時の絵(明智光秀により破壊されたため現存せず)
徳川家康に破却された伏見城。写っている天守は復元模擬。

リンク[編集]

前条:
日本史 戦国時代
広義には室町時代に含まれる
歴史学
日本史
次条:
日本史 江戸時代
豊臣秀吉の死後以降はこちらに含まれる