日本史/現代/戦後/連合国占領期

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
< 日本史‎ | 現代‎ | 戦後日本史 連合国占領期 から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本の連合国占領期とは、第二次世界大戦(太平洋戦争)後に、日本が連合国に占領されていた時代である。1945年9月2日から1952年4月28日までの7年間。

特徴[編集]

大日本帝国政府がポツダム宣言に調印した1945年9月2日から、サンフランシスコ平和条約が発効した1952年4月28日までを指す。連合国による占領(実質的にはアメリカ軍による単独占領である)。

第二次世界大戦が終わった当時は、冷戦が始まったばかりの時期であった。このため、ソビエト連邦、中国に隣接するという地政条件の下で「の傘」に守られて民主化政策が実施された。国民主権を明記した日本国憲法の施行も、この時期である。

この時代は、インフレーション(戦後インフレ)も激しく、経済も混乱していた。預金封鎖新円切替などの措置がとられた。

関連項目[編集]