日本銀行法

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本銀行法(最終改正:平成一九年六月二七日法律第一〇二号)の逐条解説書。

Wikipedia
ウィキペディア日本銀行法の記事があります。

第1章 総則(第1条~第13条)[編集]

第1条(目的)
第2条(通貨及び金融の調節の理念)
第3条(日本銀行の自主性の尊重及び透明性の確保)
第4条(政府との関係)
第5条(業務の公共性及びその運営の自主性)
第6条(法人格)
第7条(本店及び支店等)
第8条(資本金)
第9条(出資証券)
第10条(持分の譲渡)
第11条(定款)
第12条(登記)
第13条(名称の使用制限)

第2章 政策委員会(第14条~第20条)[編集]

第14条(設置)
第15条(権限)
第16条(組織)
第17条(会議の招集)
第18条(議事の運営)
第19条(政府からの出席等)
第20条(議事録等の公表)

第3章 役員及び職員(第21条~第32条)[編集]

第21条(役員)
第22条(役員の職務及び権限)
第22条の2(代表権の制限)
第22条の3(利益相反行為)
第23条(役員の任命)
第24条(役員の任期)
第25条(役員の身分保障)
第26条(役員の行為制限)
第27条(代理人の選任)
第28条(職員の任命)
第29条(役員及び職員の秘密保持義務)
第30条(役員及び職員の地位)
第31条(給与等の支給の基準)
第32条(服務に関する準則)

第4章 業務(第33条~第45条)[編集]

第33条(通常業務)
第34条(国に対する貸付け等)
第35条(国庫金の取扱い)
第36条(国の事務の取扱い)
第37条(金融機関等に対する一時貸付け)
第38条(信用秩序の維持に資するための業務)
第39条(資金決済の円滑に資するための業務)
第40条(外国為替の売買)
第41条(国際金融業務)
第42条
第43条(他業の禁止)
第44条(考査)
第45条(業務方法書)

第5章 日本銀行券(第46条~第49条)[編集]

第46条(日本銀行券の発行)
第47条(日本銀行券の種類及び様式)
第48条(日本銀行券の引換え)
第49条(日本銀行券の製造及び消却)

第6章 会計(第50条~第53条)[編集]

第50条(事業年度)
第51条(経費の予算)
第52条(財務諸表等)
第53条(剰余金の処分)

第7章 国会に対する報告等(第54条~第55条)[編集]

第54条(国会への報告及び出席)
第55条(業務概況書の公表)

第8章 違法行為等の是正等(第56条~第58条)[編集]

第56条(違法行為等の是正)
第57条(財務大臣又は内閣総理大臣の求めによる監査)
第58条(報告等)

第9章 雑則(第59条~第62条)[編集]

第59条(規程)
第60条(解散)
第60条の2(特別代理人の選任に関する事件の管轄)
第61条(一般社団法人及び一般財団法人に関する法律 の準用)
第61条の2(権限の委任)
第62条(政令への委任)

第10章 罰則(第63条~第66条)[編集]

第63条
第64条
第65条
第66条