日本銀行法第15条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コンメンタール日本銀行法)(


条文[編集]

(権限)

第15条  
  1. 次に掲げる通貨及び金融の調節に関する事項は、委員会の議決による。
    一  第33条第1項第一号の手形の割引に係る基準となるべき割引率その他の割引率並びに当該割引に係る手形の種類及び条件の決定又は変更
    二  第33条第1項第二号の貸付けに係る基準となるべき貸付利率その他の貸付利率並びに当該貸付けに係る担保の種類、条件及び価額の決定又は変更
    三  準備預金制度に関する法律 (昭和三十二年法律第百三十五号)第4条第1項 に規定する準備率及び基準日等の設定、変更又は廃止
    四  第33条第1項第三号に規定する手形、債券又は電子記録債権(電子記録債権法 (平成十九年法律第百二号)第2条第1項 に規定する電子記録債権をいう。以下この号及び第33条第1項において同じ。)の売買その他の方法による金融市場調節(金融市場を通じて行う通貨及び金融の調節(公開市場操作を含む。)をいう。)の方針並びに当該金融市場調節に係る手形、債券又は電子記録債権の種類及び条件その他の事項の決定又は変更
    五  その他の通貨及び金融の調節に関する方針の決定又は変更
    六  前各号に掲げる事項の基礎となる経済及び金融の情勢に関する基本的見解その他通貨及び金融の調節に関する日本銀行としての見解の決定又は変更
  2. 前項の規定により委員会の議決によるものとされる事項のほか、次に掲げる事項は、委員会の議決を経なければならない。
    一  第37条第1項の規定による貸付けの実施及び第38条第2項の規定による業務の実施
    二  第39条第1項の規定による認可の申請及び当該認可に係る業務に関する重要事項
    三  第40条第3項に規定する国際金融面での協力に該当するものとして財務大臣が定めるもののため行う外国為替の売買の実施、第41条に規定する業務に係る各外国中央銀行等(同条に規定する外国中央銀行等をいう。)との取引の開始及び第42条の規定による取引の実施
    四  第43条第1項ただし書の規定による認可の申請及び当該認可に係る業務に関する重要事項
    五  第44条第1項に規定する考査に関する契約の内容及び毎事業年度の考査の実施に関する重要事項
    六  定款の変更
    七  業務方法書の作成又は変更
    八  支店その他の事務所及び代理店の設置、移転又は廃止
    九  組織及び定員に関する重要事項(前号に掲げるものを除く。)
    十  第31条第1項に規定する給与等の支給の基準及び第32条に規定する服務に関する準則の作成又は変更
    十一  不動産その他の重要な財産の取得又は処分
    十二  経費の予算(第51条第1項に規定する経費の予算をいう。)の作成又は変更、財産目録、貸借対照表、損益計算書及び決算報告書の作成、剰余金の処分その他の会計に関する重要事項
    十三  第54条第1項に規定する報告書の作成及び第五十五条に規定する業務概況書の作成
    十四  第59条に規定する規程の作成又は変更
    十五  この法律の規定により委員会が定め、又はこの法律若しくは他の法令の規定により委員会が行うこととされる事項
    十六  前各号に掲げるもののほか、委員会が特に必要と認める事項
  3. 委員会は、日本銀行の役員(監事及び参与を除く。)の職務の執行を監督する。

解説[編集]

  • 第33条(通常業務)
  • 準備預金制度に関する法律 (昭和三十二年法律第百三十五号)第4条
  • 第38条(信用秩序の維持に資するための業務)
  • 第37条(金融機関等に対する一時貸付け)
  • 第40条(外国為替の売買)
  • 第39条(資金決済の円滑に資するための業務)
  • 第41条(外国為替の売買)
  • 第42条
  • 第43条(他業の禁止)
  • 第44条(考査)
  • 第31条(給与等の支給の基準)
  • 第51条(経費の予算)
  • 第54条(国会への報告及び出席)
  • 第59条(規程)

関連条文[編集]

判例[編集]

このページ「日本銀行法第15条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。