民事訴訟法第182条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法>民事訴訟法>民事訴訟規則

条文[編集]

(集中証拠調べ)

第182条
証人及び当事者本人の尋問は、できる限り、争点及び証拠の整理が終了した後に集中して行わなければならない。

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
民事訴訟法第181条
(証拠調べを要しない場合)
民事訴訟法
第2編 第一審の訴訟手続
第4章 証拠
第1節 総則
次条:
民事訴訟法第183条
(当事者の不出頭の場合の取扱い)
このページ「民事訴訟法第182条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。