民事訴訟法第224条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法>民事訴訟法>民事訴訟規則

条文[編集]

(当事者が文書提出命令に従わない場合等の効果)

第224条
  1. 当事者が文書提出命令に従わないときは、裁判所は、当該文書の記載に関する相手方の主張を真実と認めることができる。
  2. 当事者が相手方の使用を妨げる目的で提出の義務がある文書を滅失させ、その他これを使用することができないようにしたときも、前項と同様とする。
  3. 前二項に規定する場合において、相手方が、当該文書の記載に関して具体的な主張をすること及び当該文書により証明すべき事実を他の証拠により証明することが著しく困難であるときは、裁判所は、その事実に関する相手方の主張を真実と認めることができる。

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
民事訴訟法第223条
(文書提出命令等)
民事訴訟法
第2編 第一審の訴訟手続
第4章 証拠
第5節 書証
次条:
民事訴訟法第225条
(第三者が文書提出命令に従わない場合の過料)
このページ「民事訴訟法第224条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。