民事訴訟法第260条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法>民事訴訟法>民事訴訟規則

条文[編集]

(仮執行の宣言の失効及び原状回復等)

第260条
  1. 仮執行の宣言は、その宣言又は本案判決を変更する判決の言渡しにより、変更の限度においてその効力を失う。
  2. 本案判決を変更する場合には、裁判所は、被告の申立てにより、その判決において、仮執行の宣言に基づき被告が給付したものの返還及び仮執行により又はこれを免れるために被告が受けた損害の賠償を原告に命じなければならない。
  3. 仮執行の宣言のみを変更したときは、後に本案判決を変更する判決について、前項の規定を適用する。

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
民事訴訟法第259条
(仮執行の宣言)
民事訴訟法
第2編 第一審の訴訟手続
第1章 判決
次条:
民事訴訟法第261条
(訴えの取下げ)
このページ「民事訴訟法第260条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。