民事訴訟法第308条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法>民事訴訟法>民事訴訟規則

条文[編集]

(事件の差戻し)

第308条
  1. 前条本文に規定する場合のほか、控訴裁判所が第一審判決を取り消す場合において、事件につき更に弁論をする必要があるときは、これを第一審裁判所に差し戻すことができる。
  2. 第一審裁判所における訴訟手続が法律に違反したことを理由として事件を差し戻したときは、その訴訟手続は、これによって取り消されたものとみなす。

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
民事訴訟法第307条
(事件の差戻し)
民事訴訟法
第3編 上訴
第1章 控訴
次条:
民事訴訟法第309条
(第一審の管轄違いを理由とする移送)
このページ「民事訴訟法第308条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。