民事訴訟法第372条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法>民事訴訟法>民事訴訟規則

条文[編集]

(証人等の尋問)

第372条
  1. 証人の尋問は、宣誓をさせないですることができる。
  2. 証人又は当事者本人の尋問は、裁判官が相当と認める順序でする。
  3. 裁判所は、相当と認めるときは、最高裁判所規則で定めるところにより、裁判所及び当事者双方と証人とが音声の送受信により同時に通話をすることができる方法によって、証人を尋問することができる。

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
民事訴訟法第371条
(証拠調べの制限)
民事訴訟法
第6編 少額訴訟に関する特則
次条:
民事訴訟法第373条
(通常の手続への移行)
このページ「民事訴訟法第372条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。