民事訴訟法第49条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民事訴訟法

条文[編集]

(権利承継人の訴訟参加の場合における時効の完成猶予等)

第49条
  1. 訴訟の係属中その訴訟の目的である権利の全部又は一部を譲り受けたことを主張する者が第47条第1項の規定により訴訟参加をしたときは、時効の完成猶予に関しては、当該訴訟の係属の初めに、裁判上の請求があったものとみなす。
  2. 前項に規定する場合には、その参加は、訴訟の係属の初めに遡って法律上の期間の遵守の効力を生ずる。

改正経緯[編集]

2017年民法改正により以下のとおり改正。

  1. 見出し
    (改正前)権利承継人の訴訟参加の場合における時効の中断等
    (改正後)権利承継人の訴訟参加の場合における時効の完成猶予等
  2. 第1項
    (改正前)
    訴訟の係属中その訴訟の目的である権利の全部又は一部を譲り受けたことを主張して、第47条第1項の規定により訴訟参加をしたときは、その参加は、訴訟の係属の初めにさかのぼって時効の中断又は法律上の期間の遵守の効力を生ずる
    (改正後)
    訴訟の係属中その訴訟の目的である権利の全部又は一部を譲り受けたことを主張する者が第47条第1項の規定により訴訟参加をしたときは、時効の完成猶予に関しては、当該訴訟の係属の初めに、裁判上の請求があったものとみなす
  3. 第2項を新設。

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
民事訴訟法第48条
(訴訟脱退)
民事訴訟法
第3編 上訴
第3章 抗告
次条:
民事訴訟法第50条
(義務承継人の訴訟引受け)


このページ「民事訴訟法第49条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。