民事訴訟法第87条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法>民事訴訟法>民事訴訟規則

条文[編集]

(口頭弁論の必要性)

第87条

  1. 当事者は、訴訟について、裁判所において口頭弁論をしなければならない。ただし、決定で完結すべき事件については、裁判所が、口頭弁論をすべきか否かを定める。
  2. 前項ただし書の規定により口頭弁論をしない場合には、裁判所は、当事者をw:審尋することができる。
  3. 前二項の規定は、特別の定めがある場合には、適用しない。

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
民事訴訟法第86条
(即時抗告)
民事訴訟法
第1編 総則
第5章 訴訟手続
第1節 訴訟の審理等
次条:
民事訴訟法第88条
(受命裁判官による審尋)
このページ「民事訴訟法第87条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。