民法第203条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第2編 物権

条文[編集]

w:占有権の消滅事由)

第203条
占有権は、占有者が占有の意思を放棄し、又は占有物の所持を失うことによって消滅する。ただし、占有者が占有回収の訴えを提起したときは、この限りでない。

解説[編集]

判例[編集]

  • 占有回収請求(最高裁判例 昭和44年12月02日)
    民法203条但書は、占有を奪われた者が、占有回収の訴を提起して勝訴し、現実にその物の占有を回復した場合に、占有の継続を擬制する趣旨と解するのが相当である。
  • [] (最高裁判例 )

前条:
民法第202条
(本権の訴えとの関係)
民法
第2編 物権
第2章 占有権
第3節 占有権の消滅
次条:
民法第204条
(代理占有権の消滅事由)
このページ「民法第203条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。