民法第237条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第2編 物権 (コンメンタール民法)>民法第237条

条文[編集]

(境界線付近の掘削の制限)

第237条
  1. 井戸、用水だめ、下水だめ又は肥料だめを掘るには境界線から2メートル以上、池、穴蔵又はし尿だめを掘るには境界線から1メートル以上の距離を保たなければならない。
  2. 導水管を埋め、又は溝若しくは堀を掘るには、境界線からその深さの二分の一以上の距離を保たなければならない。ただし、1メートルを超えることを要しない。

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
民法第236条
(境界線付近の建築に関する慣習)
民法
第2編 物権

第3章 所有権

第1節 所有権の限界
次条:
民法第238条
(境界線付近の掘削に関する注意義務)
このページ「民法第237条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。