民法第398条の18

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第2編 物権 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(累積根抵当)

第398条の18
数個の不動産につきw:根抵当権を有する者は、第398条の16の場合を除き、各不動産の代価について、各極度額に至るまで優先権を行使することができる。

解説[編集]

  • 第398条の16(共同根抵当)

参照条文[編集]


前条:
民法第398条の17
(共同根抵当の変更等)
民法
第2編 物権
第10章 抵当権
第4節 根抵当
次条:
民法第398条の19
(根抵当権の元本の確定請求)
このページ「民法第398条の18」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。