民法第531条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第3編 債権 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(懸賞広告の報酬を受ける権利)

第531条
  1. 広告に定めた行為をした者が数人あるときは、最初にその行為をした者のみが報酬を受ける権利を有する。
  2. 数人が同時に前項の行為をした場合には、各自が等しい割合で報酬を受ける権利を有する。ただし、報酬がその性質上分割に適しないとき、又は広告において一人のみがこれを受けるものとしたときは、抽選でこれを受ける者を定める。
  3. 前二項の規定は、広告中にこれと異なる意思を表示したときは、適用しない。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民法第530条
(懸賞広告の撤回)
民法
第3編 債権
第2章 契約
第1節 総則
次条:
民法第532条
(懸賞広告の撤回)
このページ「民法第531条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。