第3編 債権 (コンメンタール民法)

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法民法コンメンタール民法第3編 債権 (コンメンタール民法)


第1章 総則 (第399条~第520条)[編集]

第1節 債権の目的 (第399条~第411条)[編集]

第2節 債権の効力(第412条~第426条)[編集]

第1款 債務不履行の責任等(第412条~第422条の2)[編集]

第2款 債権者代位権(第423条~民法第423条の7)[編集]

  • 第423条(債権者代位権の要件)
  • 第423条の2(代位行使の範囲)
  • 第423条の3(債権者への支払又は引渡し)
  • 第423条の4(相手方の抗弁)
  • 第423条の5(債務者の取立てその他の処分の権限等)
  • 第423条の6(被代位権利の行使に係る訴えを提起した場合の訴訟告知)
  • 第423条の7(登記又は登録の請求権を保全するための債権者代位権)

第3款 詐害行為取消権[編集]

第1目 詐害行為取消権の要件(第424条~民法第424条の5)[編集]
  • 第424条(詐害行為取消請求)
  • 第424条の2(相当の対価を得てした財産の処分行為の特則)
  • 第424条の3(特定の債権者に対する担保の供与等の特則)
  • 第424条の4(過大な代物弁済等の特則)
  • 第424条の5(転得者に対する詐害行為取消請求)
第2目 詐害行為取消権の行使の方法等(第424条の6~第424条の9)[編集]
第3目 詐害行為取消権の行使の効果(第425条~第425条の4)[編集]
  • 第425条(認容判決の効力が及ぶ者の範囲)
  • 第425条の2(債務者の受けた反対給付に関する受益者の権利)
  • 第425条の3(受益者の債権の回復)
  • 第425条の4(詐害行為取消請求を受けた転得者の権利)
第4目 詐害行為取消権の期間の制限(第426条)[編集]
  • 第426条(詐害行為取消権の期間の制限)

第3節 多数当事者の債権及び債務(第427条~第520条)[編集]

第1款 総則(第427条)[編集]

  • 第427条(分割債権及び分割債務)

第2款 不可分債権及び不可分債務(第428条~第431条)[編集]

第3款 連帯債権(第432条~第435条の2)[編集]

  • 第432条(連帯債権者による履行の請求等)
  • 第433条(連帯債権者の一人との間の更改又は免除)
  • 第434条(連帯債権者の一人との間の相殺)
  • 第435条(連帯債権者の一人との間の混同)
  • 第435条の2(相対的効力の原則)

第4款 連帯債務(第436条~第445条)[編集]

  • 第436条(連帯債務者に対する履行の請求)
  • 第437条(連帯債務者の一人についての法律行為の無効等)
  • 第438条(連帯債務者の一人との間の更改)
  • 第439条(連帯債務者の一人による相殺等)
  • 第440条(連帯債務者の一人との間の混同)
  • 第441条(相対的効力の原則)
  • 第442条(連帯債務者間の求償権
  • 第443条(通知を怠った連帯債務者の求償の制限)
  • 第444条(償還をする資力のない者の負担部分の分担)
  • 第445条(連帯債務者の一人との間の免除等と求償権)

第5款 保証債務[編集]

第1目 総則(第446条~第465条)[編集]
  • 第446条保証人の責任等)
  • 第447条(保証債務の範囲)
  • 第448条(保証人の負担と主たる債務の目的又は態様)
  • 第449条(取り消すことができる債務の保証)
  • 第450条(保証人の要件)
  • 第451条(他の担保の供与)
  • 第452条催告の抗弁
  • 第453条検索の抗弁
  • 第454条連帯保証の場合の特則)
  • 第455条(催告の抗弁及び検索の抗弁の効果)
  • 第456条(数人の保証人がある場合)
  • 第457条(主たる債務者について生じた事由の効力)
  • 第458条(連帯保証人について生じた事由の効力)
  • 第458条の2(主たる債務の履行状況に関する情報の提供義務)
  • 第458条の3(主たる債務者が期限の利益を喪失した場合における情報の提供義務)
  • 第459条(委託を受けた保証人の求償権)
  • 第459条の2(委託を受けた保証人が弁済期前に弁済等をした場合の求償権)
  • 第460条(委託を受けた保証人の事前の求償権)
  • 第461条(主たる債務者が保証人に対して償還をする場合)
  • 第462条(委託を受けない保証人の求償権)
  • 第463条(通知を怠った保証人の求償の制限等)
  • 第464条(連帯債務又は不可分債務の保証人の求償権)
  • 第465条(共同保証人間の求償権)
第2目 貸金等根保証契約(第465条の2~第465条の5)[編集]
  • 第465条の2(個人根保証契約の保証人の責任等)
  • 第465条の3(個人貸金等根保証契約の元本確定期日)
  • 第465条の4(個人根保証契約の元本の確定事由)
  • 第465条の5(保証人が法人である根保証契約の求償権)
第3目 事業に係る債務についての保証契約の特則(第465条の6~第465条の10)[編集]
  • 第465条の6(公正証書の作成と保証の効力)
  • 第465条の7(保証に係る公正証書の方式の特則)
  • 第465条の8(公正証書の作成と求償権についての保証の効力)
  • 第465条の9(公正証書の作成と保証の効力に関する規定の適用除外)
  • 第465条の10(契約締結時の情報の提供義務)

第4節 債権の譲渡(第466条~第473条)[編集]

第5節 債権の消滅(第474条~第520条)[編集]

第1款 弁済[編集]

第1目 総則(第474条~第493条)[編集]
第2目 弁済の目的物の供託(第494条~第498条)[編集]
第3目 弁済による代位(第499条~第504条)[編集]

第2款 相殺(第505条~第512条)[編集]

  • 第505条相殺の要件等)
  • 第506条(相殺の方法及び効力)
  • 第507条(履行地の異なる債務の相殺)
  • 第508条(時効により消滅した債権を自働債権とする相殺)
  • 第509条(不法行為により生じた債権を受働債権とする相殺の禁止)
  • 第510条(差押禁止債権を受働債権とする相殺の禁止)
  • 第511条(支払の差止めを受けた債権を受働債権とする相殺の禁止)
  • 第512条(相殺の充当)

第3款 更改(第513条~第518条)[編集]

第4款 免除(第519条)[編集]

第5款 混同(第520条)[編集]

 

第2章 契約(第521条~第696条)[編集]

第1節 総則(第521条~第549条)[編集]

第1款 契約の成立 (第521条~第532条)[編集]

第2款 契約の効力(第533条~第539条)[編集]

第3款 契約の解除(第540条~第548条)[編集]

第2節 贈与(第549条~第554条)[編集]

第3節 売買(第555条~第585条)[編集]

第1款 総則(第555条~第559条)[編集]

第2款 売買の効力(第560条~第578条)[編集]

  • 第560条(他人の権利の売買における売主の義務)
  • 第561条(他人の権利の売買における売主の担保責任)
  • 第562条(他人の権利の売買における善意の売主の解除権)
  • 第563条(権利の一部が他人に属する場合における売主の担保責任)
  • 第564条(同上)
  • 第565条(数量の不足又は物の一部滅失の場合における売主の担保責任
  • 第566条(地上権等がある場合等における売主の担保責任)
  • 第567条(抵当権等がある場合における売主の担保責任)
  • 第568条(強制競売における担保責任)
  • 第569条(債権の売主の担保責任)
  • 第570条(売主の瑕疵担保責任
  • 第571条(売主の担保責任と同時履行)
  • 第572条(担保責任を負わない旨の特約)
  • 第573条(代金の支払期限)
  • 第574条(代金の支払場所)
  • 第575条果実の帰属及び代金の利息の支払)
  • 第576条(権利を失うおそれがある場合の買主による代金の支払の拒絶)
  • 第577条(抵当権等の登記がある場合の買主による代金の支払の拒絶)
  • 第578条(売主による代金の供託の請求)

第3款 買戻し(第579条~第585条)[編集]

第4節 交換(第586条)[編集]

第5節 消費貸借(第587条~第592条)[編集]

第6節 使用貸借(第593条~第600条)[編集]

第7節 賃貸借(第601~第622条)[編集]

第1款 総則(第601条~第604条)[編集]

第2款 賃貸借の効力(第605条~第616条)[編集]

  • 第605条(不動産賃貸借の対抗力)
  • 第606条(賃貸物の修繕等)
  • 第607条(賃借人の意思に反する保存行為)
  • 第608条(賃借人による費用の償還請求)
  • 第609条(減収による賃料の減額請求)
  • 第610条(減収による解除)
  • 第611条(賃借物の一部滅失による賃料の減額請求等)
  • 第612条(賃借権の譲渡及び転貸の制限)
  • 第613条(転貸の効果)
  • 第614条(賃料の支払時期)
  • 第615条(賃借人の通知義務)
  • 第616条(使用貸借の規定の準用)

第3款 賃貸借の終了(第617条~第622条)[編集]

  • 第617条(期間の定めのない賃貸借の解約の申入れ)
  • 第618条(期間の定めのある賃貸借の解約をする権利の留保)
  • 第619条(賃貸借の更新の推定等)
  • 第620条(賃貸借の解除の効力)
  • 第621条(損害賠償及び費用の償還の請求権についての期間の制限)
  • 第622条 削除

第8節 雇用(第623条~第631条)[編集]

  • 第623条雇用
  • 第624条(報酬の支払時期)
  • 第625条(使用者の権利の譲渡の制限等)
  • 第626条(期間の定めのある雇用の解除)
  • 第627条(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)
  • 第628条(やむを得ない事由による雇用の解除)
  • 第629条(雇用の更新の推定等)
  • 第630条(雇用の解除の効力)
  • 第631条(使用者についての破産手続の開始による解約の申入れ)

第9節 請負(第632条~第642条)[編集]

第10節 委任(第643条~第656条)[編集]

第11節 寄託(第657条~第666条)[編集]

第12節 組合(第667条~第688条)[編集]

  • 第667条組合契約)
  • 第668条(組合財産の共有)
  • 第669条(金銭出資の不履行の責任)
  • 第670条(業務の執行の方法)
  • 第671条(委任の規定の準用)
  • 第672条(業務執行組合員の辞任及び解任)
  • 第673条(組合員の組合の業務及び財産状況に関する検査)
  • 第674条(組合員の損益分配の割合)
  • 第675条(組合員に対する組合の債権者の権利の行使)
  • 第676条(組合員の持分の処分及び組合財産の分割)
  • 第677条(組合の債務者による相殺の禁止)
  • 第678条(組合員の脱退)
  • 第679条(同上)
  • 第680条(組合員の除名)
  • 第681条(脱退した組合員の持分の払戻し)
  • 第682条(組合の解散事由)
  • 第683条(組合の解散の請求)
  • 第684条(組合契約の解除の効力)
  • 第685条(組合の清算及び清算人の選任)
  • 第686条(清算人の業務の執行の方法)
  • 第687条(組合員である清算人の辞任及び解任)
  • 第688条(清算人の職務及び権限並びに残余財産の分割方法)

第13節 終身定期金(第689条~第694条)[編集]

第14節 和解(第695条・第696条)[編集]

第3章 事務管理(第697条~第702条)[編集]

第4章 不当利得(第703条~第708条)[編集]

第5章 不法行為(第709条~第724条)[編集]

このページ「第3編 債権 (コンメンタール民法)」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。