民法第677条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第3編 債権 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(組合財産に対する組合員の債権者の権利の行使の禁止)

第677条
組合員の債権者は、組合財産についてその権利を行使することができない。

改正経緯[編集]

2017年改正において、以下の条項から改正。

(組合の債務者による相殺の禁止)

組合の債務者は、その債務と組合員に対する債権とを相殺することができない。

組合員の債権者が、組合財産に対して制限される権利行使を相殺のみから、権利一般に拡張した。

解説[編集]

組合財産は、組合員の共有であり、各組合員の持分を概念できるが、組合契約の性質から、前条に定めるとおり、個々の組合員の持分の処分及び組合財産の分割は制限されている。従って、組合員の債権者も、組合員を代位し組合財産に対して権利を行使することはできない旨を定める。

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民法第676条
(組合員の持分の処分及び組合財産の分割)
民法
第3編 債権

第2章 契約

第12節 組合
次条:
民法第677条の2
(組合員の加入)


このページ「民法第677条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。